>    >  

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2016年12月04日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数200
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではブラウザ視聴のみの対応となります。 ブラウザ視聴について ]

作品内容

初単行本『ドロップアウト』が大人気、煌野一人(ふぁんのひとり)待望の最新刊がついに登場!

謎の生物に寄生され処女でありながら
見知らぬおじさんの精液を求めてしまう地味な巨乳女子校生、
幼馴染みが乱交しているという噂を聞きつけ問い詰めるも
強制的に発情させられ子宮をオナホのように扱われるスポーツ少女、
オークたちに反逆され怪物たちの子種で妊娠と出産を繰り返す姫騎士など、
濃密なダークファンタジーHがいっぱい!

電子書籍版特典として表紙イラストのデジタルピンナップJPG付き!

■COMIC

『パラサイトクイーン 前編』
『パラサイトクイーン 後編』
『パラサイトクイーン-classified- 前編』
『パラサイトクイーン-classified- 後編』
『アップライジング 前編』
『アップライジング 中編』
『アップライジング 後編』
『ヴードゥー・スクワッド 前編』
『ヴードゥー・スクワッド 中編』
『ヴードゥー・スクワッド 後編・1』
『ヴードゥー・スクワッド 後編・2』

作品情報/動作環境

作品番号
BJ099028
ファイル名/ファイル容量
BJ099028.zip / 117.76MB (123485538Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「パラサイトクイーン」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

複数プレイ/乱交(2) 妊娠/孕ませ(2)

SFチックなシチュエーション

2017年04月28日  改造 さん

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

煌野一人先生の作品がお得に楽しめる本作

内容としては一見、オークやゾンビなど
ファンタジー的な内容かと思いきや
化学チックな要素もあり楽しめました

快楽を刷り込まれ価値観が変動していき
支配されていく女子高生・お姫様・女騎士
などを楽しめます

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

ファンタジーな色彩の中に、リアルな描写が光る一冊。

2016年12月07日  一陣の光 さん 投稿数 : 3位

このレビューは参考になった×0人

ファンタジーな色彩を帯びつつも、何気にリアルな描写
が、独自の作風を生む”煌野一人(ふぁんのひとり)”先生、
派生作品も含む、表題作と中篇二本からなる、自身二冊
目の作品集。
印象的な収録作品は、”オーク”を礎(いしづえ)に、再生
医療を確立した施設へ、”オーク”の権利を主張する女性
活動家が潜入し・・・な「アップライジング」。施設で
管理する側な女性たちが、管理される側の”オーク”から、
快感と快楽を刻み込まれて、立場が反転してゆく展開を
流麗に描いた作品でした。
読んでいて感じたのは、表題作が特にそう言えるのです
が、”好意”が行動を支配していた女性へ、今まで知らな
かった”快感”をカラダに教え込み、行動がその”快楽”に
支配され直されてゆく”姿”を、”煌野一人”先生独特の繊
細なタッチで、表現している点。
凛々しい(りりしい)表情の女性たちが、快楽に染まって
”アヘ顔”を晒す(さらす)、強力なインパクトのある一冊。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]