>    >  

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
{{ __('fb01') }}{{ __('fb02') }}
{{ __('fb03') }}
{{ __('rate02') }}
{{ __('rate03') }}

{{ __('rate04') }}

{{ __('rate05') }}
{{ __('rate06') }}

{{ __('rate07') }}
{{ __('rate08') }}

{{ __('rate09') }}

{{ __('rate10') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2016年11月30日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数60
ジャンル

作品内容

「…で、キョーコ的にはさ、あーいうのはどうなわけ?」
「アリ? それともナシ?」

ファミレスで友達と他愛もない猥談に花を咲かせていた女子高生3人組が、
ふとしたきっかけで○姦モノのAVを見てしまったところからストーリーは始まる。
その場は冗談で終わったものの、
3人の中で唯一子供の頃からゴールデンレトリバーの"わん太"と一緒に育ってきたキョーコは、
帰宅してからも一人獣姦について調べ、徐々に興味を深めてゆく。そして…。

* * *

ごく普通の女子高生が、○姦を知り、悩み、目覚め、ハマるまでの"過程"をたっぷり60Pで描きました!

作品情報/動作環境

作品番号
BJ098335
ファイル名/ファイル容量
BJ098335.zip / 26.99MB (28305013Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「つがいあそび」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

おすすめ!非常に良い作品

2016年12月07日  OHsumi さん

このレビューは参考になった×2人

獣姦モノというと「何かのハプニングで」とか「もともとそう言う趣味がある」前提で始まることの多かったジャンルですが、今回はそう言うところから外れた、いわば導入部分のような作品でした。ただケモノとなんかかんやあってヤるだけでハイ終わり、ではない深い作品でした。
 連載……はできるのかどうかわかりませんが、今後もこの先生の作品の娘達がどのように変わってどのような結末になるかを見ていきたいです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!ファンタジーとしては描かない作家性が、印象深い作品。

2016年12月02日  一陣の光 さん 投稿数 : 3位

このレビューは参考になった×3人

レビュアーが選んだジャンル :

あえて、背景画や登場人物に既視感ある”日常”をもって
描き、読者との関係を構築した上で”カタヤマユウジン”
先生が提示する世界観へと読者を誘う(いざなう)、作家
性の色彩が極めて濃い一篇。
ストーリーは、恋にも性にも興味が尽きないヒロインが、
あるキッカケから知ったコトを、様々な葛藤を乗り越え、
体験してゆく展開。
読んでいて感じたのは「彼」の名付け親でもあり、共に
過ごした時間から生まれた”信頼関係”を、たたみかける
が如く(ごとく)丁寧に積み重ね、ヒロイン自らの意思を
もって初体験してゆく彼女の”姿”を、鋭くも、柔らかい
眼差しから、描きあげている点。
ファンタジーとしては描かない作家性が、印象深い作品。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]