>    >  

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
{{ __('fb01') }}{{ __('fb02') }}
{{ __('fb03') }}
{{ __('rate02') }}
{{ __('rate03') }}

{{ __('rate04') }}

{{ __('rate05') }}
{{ __('rate06') }}

{{ __('rate07') }}
{{ __('rate08') }}

{{ __('rate09') }}

{{ __('rate10') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

『優しく可愛いボクのお姉ちゃん!
でも、カラダのナカは、とってもエロいんだ!!』

快楽にとっぷりと溺れるボクと姉。
罪悪感より快感が優先した家族間のイケナイ遊びに、
身も心も、なにより性欲が溢れる!

吉田鳶牡(ヨシダトビオ)単行本第一弾、ついに配信!

姉と弟、愛欲の近親相姦ストーリーを中心とした11作品収録です!!

【未来を回想しながら水平に落ちてゆく】
【姉の性! 僕の嫉妬。】
【姉の性! 僕の嫉妬。2】
【知佳子 オトメザウルス3 -前編-】
【知佳子 オトメザウルス3 -後編-】
【お姉ちゃんといっしょ】
【OTOME THE VIRUS】
【OTOME THE VIRUS 2】
【オトメザウルス2 -時雨-】
【オトメザウルス4 -遥-】
【無邪気と格闘 〜incest】

作品情報/動作環境

作品番号
BJ097572
ファイル名/ファイル容量
BJ097572.zip / 121.84MB (127760656Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「お姉ちゃんのナカ」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

ビター&スイートな、”吉田鳶牡”先生・名刺代わりの一冊。

2016年11月25日  一陣の光 さん 投稿数 : 3位

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

”甘さ”の中に、微量な”苦味”(にがみ)をしのばせる、その
スタイリッシュなテイストと作風が、味わい深い、読後感
を残す”吉田鳶牡”先生、「オトメザウルス」シリーズから
二本と短篇三本、前・後編構成の三本が収められた作品集。
印象的な収録作品は、以前から、自分の父親と母親の夫婦
関係に疑問を抱いているヒロイン。その事から、将来、自
分は、選ぶ”男”を間違えない、と、思っていた彼女ですが、
な「未来を回想しながら水平に落ちてゆく」。巻頭カラー
で美麗に描く”お姉さん・ショタ”が、”吉田鳶牡”先生の名
刺代わりな短篇でした。
読んでいて感じたのは、スイートさを、前面に打ち出した
”おねショタ”とは少し異なり、ヒロイン・主人公君の置か
れている環境を提示した上で、背徳と快感の”せめぎ合い”
が、ビターなテイストとして、展開の中へ盛り込まれてお
り、読了後の”味わい深さ”を引き立てていました。あえて
ヒロインのカラダを”サッパリ”と描写、スタイリッシュな
絵柄とし、ビター&スイートな読後感を演出している一冊。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]