({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2016年11月23日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数201
ジャンル
ファイル容量
120.43MB

作品内容

可愛ければ可愛いほど徹底的に、
美少女を『完全凌辱』!!

今、話題の作家『知るかバカうどん』の初作品集!
「見てごらん、胸糞より爽快度重視!!」

『小生意気な女の子』をボッコボッコにする『爽快感』を体験しよう。
溜まった日頃の鬱憤をこの一冊で発散!

ネット民も騒然とした可憐な美少女が犯される
【嘘もつかない純粋な存在】をはじめ、

かわいい顔と裏のドス黒い顔。ゲス女をボコボコにする
【おさんぽJKいちごちゃん】、

知るかバカうどん、商業誌デビュー作品!!
帽子がよく似合う、可愛い少女「玲」が実父に犯される!
【金のたまごで親子丼】、

ほか、
【J○★ボコボコりんっ!】
【J○★ガバガバりんっ!】
【ぼくのなつやすみ】
【はぴはぴハピネス】
【あんあん あんはっぴぃ】

全8作品、
『知るかバカうどん』の愛情込めて収録!!

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「ボコボコりんっ!」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 3件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

強制/無理矢理(2)
女の子ふるっぼこりん♪

2018年05月30日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

元々好きなサークルさんで単品で購入したりしていましたがセットということで購入しました。

表紙から見て察せると思いますが女の子がボコボコにやられます。しかも可愛い女の子。

とはいえ制裁を受けて当然とも言えるクソな性格の女の子がボコボコリンにされて泣きまくる様は見ていて思わず「ざまぁ!」ってなります。スカッとするぅ!
しかし理不尽な展開もあります。その辺はハッピーエンドじゃ終らせねぇよ!っていうのが好きな方にオススメ!

とにかく胸糞が多いので読者側に忍耐力を求められそうですがついつい読んでしまいます。正にボコボコ中毒ですね。
作者さんの純愛路線の(?)作品もDLサイトで販売されないかとワクワク待機中。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

腹持ちがよく、ズンとくる読み応え

2018年05月15日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

読み応えが重厚で、且つ一切の容赦がありません。
爽快度重視の通り、女の子の側に同情の余地が無い点が特徴的ですが、中には全くの不幸としかいいようがない暗澹とした話もあり、それが振れ幅となっていて漫画として読み飽きることがありません。

各話の底流にある「貧困」の要素が作品に重厚さを与えており、それが同時に『現代』をある時は直接的に、ある時は対照的に映し出している。
ひとえに作者が持つ視点の鋭さが、面白さにつながっているといえます。

個人的には性癖のオカズとしてより、一般誌で読むことができない暴力性、それも日常に寄り添った生々しさに面白さを感じる作品でした。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

際立った作家性で、”今”という時代を描いた一冊。

2016年11月23日   投稿数 : 1位

このレビューは参考になった×3人

”知るかバカうどん”先生自身の観察眼と視点の鋭さが、作品
を通して読者に迫る、短篇八本が収められた、自身初の作品
集。
印象的な収録作品は、惚れたオトコに生活力が無く、オトコ
の子供を妊娠したのを契機に、他の男性と結婚したヒロイン。
それから数年後・・・な「金のたまごで親子丼」。ヒロイン
の生活が崩壊してゆく様子を、様々な角度から濃密に描いた
作品でした。
読んでいて感じたのは、他の作家では決して得られない重厚
な読み心地の中に、他者に対する観察力と、独自の視点から
”知るかバカうどん”先生の表現したい主題・テーマが、キッ
チリと盛り込まれていて、鋭角な鋭さをもって迫ってくる点。
際立った作家性から、”今”という時代を描いた、痛烈な一冊。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]