電子書籍 > アロマコミック > せがれの妻は蜜の味 ~ワシのがデカくていいだろう?~シリーズ > せがれの妻は蜜の味 ~ワシのがデカくていいだろう?~ 第3巻

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2017年03月20日
シリーズ名せがれの妻は蜜の味 ~ワシのがデカくていいだろう?~
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数83
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

せがれは、ワシと違って頭がよくて、運動神経も抜群で、優等生だった。
そんなせがれのことをずっと自慢に思っていた。
一流企業に就職し、美人の奧さんをもらうまでは…。

そう、ワシは実の息子の嫁である涼子さんに胸をときめかせ、欲情し、そして息子に嫉妬したのだ。
いや、嫉妬しただけじゃない。
いつかチャンスがあったら涼子さんを自分のものにしてやりたいと本気で思った。
その気持ちを理性で抑えることはできなかった。
そして今日、その機会がやっと訪れた。
せがれが出張の間に、ワシは涼子さんの身体を力づくで奪ったのだ。
涼子さん! 涼子さん! 涼子さん! もうこの柔肌は、せがれだけのものじゃない!

※「夫に言えない義父との姦淫~嫌なのに忘れられなくなりそう~」の素材を元にアロマコミックが編集制作しています。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ096947
ファイル名/ファイル容量
BJ096947.zip / 26.47MB

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「せがれの妻は蜜の味 ~ワシのがデカくていいだろう?~ 第3巻」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件