>    >  

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
{{ __('fb01') }}{{ __('fb02') }}
{{ __('fb03') }}
{{ __('rate02') }}
{{ __('rate03') }}

{{ __('rate04') }}

{{ __('rate05') }}
{{ __('rate06') }}

{{ __('rate07') }}
{{ __('rate08') }}

{{ __('rate09') }}

{{ __('rate10') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2016年11月05日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数22
ジャンル

作品内容

被害を受けた村人の依頼で、ゴブリン討伐のため、
彼らの根城の森に立ち入った巨人族の聖騎士リリーナ。
しかしトラップに引っかかり、ガニ股で樹に拘束されてしまう事態に。
さらに、見計らったように現れたゴブリンたちが身体中に纏わり付き、
胸を揉まれたり、乳首を吸われたり、挿入されたり……。
無様なガニ股から身動きが取れぬまま、好き勝手にされるリリーナであったが、
ゴブリンの短小ペニスでは子宮まで届かないため、なんとか耐えられていた。
だがそこに、ゴブリンに怯えていたはずの村人たちが現れる。
彼らの正体は巨チン族、ゴブリンたちの仲間だったのだ。
巨人族の子宮まで容易く届くであろう、巨チン族の魔羅がリリーナに迫る!

※『二次元コミックマガジン ガニ股開脚で屈辱アクメ! Vol.1』に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ096865
ファイル名/ファイル容量
BJ096865.zip / 16.22MB (17003709Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「巨人族の女騎士VSゴブリン軍団【単話】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

ハイテンションコメディみたいなテンポのサイズフェチ姦

2016年11月08日  穂積 さん 投稿数 : 8位

このレビューは参考になった×0人

感心するほどテンポが良い陵辱劇です。
公開されている冒頭ページで意気揚々と現れた女騎士はろくに戦闘らしい戦闘をする暇もなく、鎧を剥かれて拘束された格好になります。
簡潔な作品なので、断言はできませんが、この鮮やかなやられっぷりを見る限り「ドジっ娘」の匂いを強く感じます。
救うはずだった村人に裏切られ、穴と言う穴を犯された騎士の末路は悲惨そのものです。
しかし、具体的にはネタバレになるので書きませんが、まさか、この惨状でハッピーエンドに行きつくとは思わなかった。
これもテンポの良さの成せる技で、「なら、いいか」と納得させられます。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]