>    >  

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2017年03月17日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数119
ジャンル

作品内容

【フルカラー119ページ】
巨乳の彼女が欲しいと思い悩む水沢優介。
そんなある日、友人が巨乳ちゃんを紹介してきた。
「豊原玲奈といいます。私の・・・家庭教師になってくれませんか?」。

詳しい話を聞く為に、豊原家に招かれた優介がそこで見たものは・・・。
「ば、爆にゅうーっ!」。
母親の美月さんは娘の玲奈以上に爆乳だった。
こうして、優介は巨乳ちゃんの家庭教師を引き受けることとなった。

玲奈は以前、学園祭で優介のことを知り一目惚れしていた。
勉強中も優介の巨乳好きを知ってか知らずか、ノーブラで露出度の高い服で誘ってくる玲奈。
我慢できず優介は服の上から巨乳を揉んでしまう。
抵抗しない玲奈をいいことに、優介は玲奈の上着をはだき、巨乳を揉み、舐め、パイズリ、徹底的に巨乳を責める。
玲奈は優介の乳首責めにイッてしまうのだった・・・。

数日後、豊原家を訪れた優介。玲奈はその時風呂に入っていた。美月にリビングに通される。
そこで美月から「玲奈としたでしょ?」と、単刀直入に聞かれる。
動揺する優介に美月は自慢の巨乳を擦り付けてくるのだった・・・。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ096683
ファイル名/ファイル容量
BJ096683.zip / 43.53MB (45641236Byte)
注意事項
「【フルカラー成人版】爆乳母娘 第壱章【分冊版】(BJ053216)」
「【フルカラー成人版】爆乳母娘 第弐章【分冊版】(BJ053217)」
と内容の重複がございます。

【フルカラー成人版】爆乳母娘 第壱章 Complete版の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「【フルカラー成人版】爆乳母娘 第壱章 Complete版」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件