電子書籍 > 茜新社 > 逃ゲラレナイ放課後

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2016年10月23日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数197
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

石川きんぎょ先生の初単行本!! とうとう発売!
その記念すべき単行本に収録された作品のほぼ全部が………。

激! レイプレイプレイプレイプレイプレイプレイプレイプレイプレイプレイプ
レイプレイプレイプレイプレイプレイプレイプレイプレイプレイプレイプレイプ
レイプレイプレイプレイプレイプレイプレイプレイプレイプレイプレイプレイプ
レイプレイプレイプレイプレイプレイプレイプレイプレイプレイプレイプレイプレイプ……です!!

死して屍拾うものなし! レイプマニアには堪らない読み応え。是非、堪能してください。

収録作品
「天堂寺あやのの凌辱」
「迷宮学園」
「千鶴子先生の受難」
「アイドルはやめられない」
「カミムスビの巫女」
「妹☆禁止命令」
「JKは甘くない!?」
「手の届かない彼女」

作品情報/動作環境

作品番号
BJ095527
ファイル名/ファイル容量
BJ095527.zip / 135.01MB

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「逃ゲラレナイ放課後」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 3件

おすすめ!基本無理矢理系だが読後感が様々で楽しんで読めます

2017年12月26日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

収録作の内、「妹☆禁止命令」以外の作品は無理矢理関係を結ばされるヒロインたちの姿が描かれています。
収録作のヒロインはお嬢様、後輩系JK、女教師、アイドル、巫女、ギャル系JK、優等生系JKと属性豊富です。
同じ無理矢理系作品でもヒロインが堕とされていくしかないというだけではなく、ヒロインたちが変貌していく作品が複数収録されておりストーリーも楽しんで読めました。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

タイトル通り

2017年09月16日   投稿数 : 3位

このレビューは参考になった×0人

キャンペーンでお安くなっていたので購入してみました。
作品説明の欄がすごいことになってますね(笑)
インパクトあります。
高飛車なお嬢様が両親の借金のせいでひどい目にあったり、アイドルの強制的な枕営業があったりシチュエーションもさまざまで良かったです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

登場人物のサイドストーリーが、印象的な一冊。

2016年10月25日   投稿数 : 2位

このレビューは参考になった×0人

キッチリ作り込まれた主人公・ヒロイン・登場人物の設定
とサイドストーリーが、読後感を良好なものへと昇華させ
ている”石川きんぎょ”先生、短篇八本が収められた自身初
の作品集。
印象的な収録作品は、非の打ちどころのない”お嬢様”なヒ
ロインが、学校帰りに連れ去られ、拘束されて処女を強引
に奪われる・・・「天堂寺あやのの陵辱」。
基本、強姦・輪姦展開のダークなストーリーではあります
が、襲う男の側にも、そこに至る(いたる)までのサイドス
トーリーが作中、丁寧に語られていて、強姦・輪姦モノに
ある、重苦しい”空気感”が払拭されています。ヒロイン側、
主人公側、それぞれの多面的な”要素”が盛り込まれた一冊。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]