>    >  

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
著者 ウィル
出版社名 > レーベル TMEプラス  >  e-Color Comic
販売日 2016年12月23日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数68
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではブラウザ視聴のみの対応となります。 ブラウザ視聴について ]

作品内容

【フルカラー68ページ】
相変わらず裕美は、石黒や権藤の支配下にいた。
この日も、教育界のお偉方を集めて、全員一度に奉仕させられていた。
裕美がボロボロの身となって帰宅すると、部屋の前に克敏が待っていた。
家の中に招き入れると、裕美は克敏を求め始めた。うろたえる克敏。
「先生、やめてくれよ」
「何、言っているの。それが目的で来た癖に」
変わり果てた姿を見て、克敏は土下座し詫びた。裕美を助けたい。
けど、奴らに逆らえば、恵子の身が危ないことも打ち明け、どうしていいのか分からないと泣いた。
そんな克敏を裕美はそっと抱きしめた。
「別にいいのよ、このままで。私なら、もう構わない。だから、恵子ちゃんのこと守ってあげて」
あまりにもせつない裕美の心情に、克敏は思わず涙しながら抱きかえした。
お互い無我夢中に交わりながら、それぞれ心の中にある決意が生まれていた。
克敏は裕美を救ってみせる・・・。裕美は克敏と恵子を守って見せる・・・と。

裕美は立川から付き合ってくれと告白された。
「私のこと何も知らない癖に。知ったら、軽蔑するに決まってる」
立川は戸惑った。一体、何があるのだろう。
「教頭のことか? そういえば、さっき、恵子と一緒だったな」
「恵子ちゃんとッ?」裕美は愕然となった。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ095321
ファイル名/ファイル容量
BJ095321.zip / 22.22MB (23300419Byte)

【フルカラー成人版】女教師 裕美の放課後 第三話の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「【フルカラー成人版】女教師 裕美の放課後 第三話」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件