電子書籍 > 悶々堂 > 傷モノの私 ~穢され、堕ちて終わる平穏~ 第1巻

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2017年01月25日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数86
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

特別なことなんて何もない、いつもと同じ普通な日。
そう…普通な日だったのだ。あの男達に呼び止められるまでは。
その日、霧崎こずえは帰宅途中、見知らぬ二人組の男達に声をかけられる。
怪しく笑い、近づいてくる男達を怪訝に思いながらも、その場を立ち去ろうとするこずえに対し、
男達は無理やり薬を嗅がせ、そして性的暴行を行っていく。
むしゃぶりつくすように凌辱されたこずえは思う。急いで医者に診て貰わねばと。
診て貰い、薬を処方して貰い、そして性的暴行されたことを忘れれば、元通りの生活が送れる…。
そう思い願いながら開けた診察室の先に待っていたのは…忘れもしない。
あの怪しく笑う二人の男だった。

※「淫落カウンセリング~夫の目の前で、妻は本性に堕ちてゆく~」の素材を元に悶々堂が編集制作しています。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ095305
ファイル名/ファイル容量
BJ095305.zip / 29.14MB (30560739Byte)

傷モノの私 ~穢され、堕ちて終わる平穏~ 第1巻の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「傷モノの私 ~穢され、堕ちて終わる平穏~ 第1巻」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件