({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

作品内容

絶頂しても止められない、際限のないマシンレイプで敗北アクメを喫するヒロインたち!
その他、
種付けプレスで受精確定の中出しをキメられる変身ヒロインに、
子宮脱姦される魔女やヤク漬け調教される女捜査官、
寝取られた挙句輪姦される人妻、
デカクリ人体改造されてしまう和服少女と、
描き下ろし含め抜きどころ満載な強姦作品全10編収録!
陵辱フルスロットルでお送りする、著者初単行本!

【収録作品】
『奴隷機姦 悪夢の製造工場』
『闇の快楽マシンショー』
『闇の快楽調教編』
『アイリスレイカー 豚の子を孕む正義の戦士』
『姦獄の館~孕み堕ちるエルフ~』
『魔女アルメイダ 悪魔の契約』
『特務捜査官ナターリア』
『満員電車の憂鬱』
『憂鬱な寝取られメッセージ』
『天狗祭 陰核の儀』

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「牝堕機姦 ~無限淫獄で悶絶する乙女たち~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 4件

おすすめ!素晴らしい機械姦

2018年05月07日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

ピッチリスーツヒロインが、
ガッチリ拘束された上で、
無慈悲な機械に淫靡に責められ、
メスの悦びを隠しきれない淫らな顔になっている。

作者の技量とセンスが溢れる、
そんな表紙だけでも買う価値のある本作には、
色々な話が収録されています。
しかしやはり、
様々なジャンルが乱舞するこの業界でも、
あまり見かけない機械姦の話は抜群でした。
買ってよかったです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

トロ顔のお姉さん

2017年12月27日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

機械姦、触手、寝取り、クリトリス肥大化などシチュエーションにバラつきがあり作者様の画が気に入ればより取り見取りです。登場する女の子が全員巨乳のお姉さんで、最初無理矢理でもだんだんトロけていくパターンがメインで快楽堕ちが好きならおすすめです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!機械

2017年10月18日   投稿数 : 3位

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

キャンペーンでお安くなっていたので購入してみました。
こちらのジャンルは、好きな人にはかなりハマりますね。
無機質な物に正確にピンポイントに、そして淡々と体をいじり回されて激しく絶頂する女の子たち。
シチュエーションも様々で楽しめました。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!これぞ二次元コミック!

2016年10月12日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×4人

著者初単行本とのことですが、かなり手慣れた感じの作家さんです。
以前、「悪の遺伝子で中出し孕ませ!Vol.1」に掲載されていた「アイリスレイカー」の体験版で密かに注目していましたが、同時掲載されている他作品が好みに合わず、購入を見送っていました。
しかし今回は夜与先生の単行本ということで迷わず購入しました。
一般に同じ作家さんの作品には何らかの傾向が見られるものだと思いますが、本作ではあまり特定の傾向が見られません。
SFあり、ファンタジーあり、痴漢モノあり、寝取りありとシチュは様々です。その分、飽きさせないとも言えますが。
強いて言えば、凌辱モノであることが共通点でしょうか。
あと、孕ませる気満々、もしくは孕んでも構わないというスタンスで情け容赦なく中出しする傾向もあります。
この手の作品の場合、最後は完全に快楽堕ちして自ら中出しをねだったりするというエンディングが普通ですが、本作では必ずしもそうではなく、望まぬ出産をさせられる絶望の中、それでも弱弱しく拒否の言葉を紡ぐ姿にキます。
ちょっと惜しいと思ったのは、ヒロインに処女属性がない点(処女なのかも知れませんが、あまりそれらしい描写がありません)です。
しかし、凌辱モノが好きで絵が好みに合えば、ほぼ外れはないでしょう。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]