電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > 精噴の儀【単話】

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

村の因習により、儀式の巫女になるべく捧げられた雪姫と日向子。
その儀式とは、子宮に溜めた精液をご神体まで飛ばすというものだった。
村中の男たちにひたすら子種汁を中出しされ、
妊婦のようにお腹が膨らみ、茫然自失となる二人。
しかし、儀式で巫女に選ばれなかった者の末路を聞いたことで
巫女になろうと精液を飛ばしあうも、
見かねた男たちによりお腹を踏まれ、勢い良くザーメン噴射してしまう。

※『二次元コミックマガジン 精液ボテして逆噴射アクメ!Vol.2』に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ093552
ファイル名/ファイル容量
BJ093552.zip / 7.94MB (8323711Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「精噴の儀【単話】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件