({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

作品内容

【電子書籍描き下ろし!】

人一倍乳房が大きく育ってしまったかおり。
彼女が入れられた施設は、胸の大きな人間を乳牛として飼い、
母乳を搾る人間牧場だった!

乳房の拡大が極致に達したかおりは、
ついに次のステップである種付けの調教を受けることとなる。
鎖で吊るされ後ろから種付け用の精液を注入されるかおり。
激しい種付け作業に苦しむかおりであったが、
周囲で見ていた他の乳牛少女たちの搾乳を受けながら絶頂。

その後、乳牛少女として自身の母乳が流通に乗せられ、
新たな乳牛少女を生み出すことになるのであった……。

おっぱい漫画家ぺどっちによる超乳漫画がついに最終回!

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「乳牛少女かおり 最終話」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

おすすめ!乳牛少女の結末は!?

2016年08月30日  

このレビューは参考になった×1人

超乳漫画家ぺどっちさん描き下ろしの超乳漫画の最終話です。

まず表紙からして乳のサイズがスゴイです!
前回の冒頭ですでに身体よりも大きくなっていた乳房が
今回の最終話では更に巨大になり乳首のサイズも人の身体よりも太く巨大になっております。

Hの内容は機械による責めが主体で
主人公の女の子が母乳をまき散らしながら激しい責めを受け
更に他の女の子の手によって母乳を搾られます。
ひたすら責められ続けているうちに、明らかになっていくヒト型乳牛についての秘密・・・

最後に感想として・・・ネタバレしない程度に・・・
これまでのエロ漫画では人並みはずれた爆乳といっても
ギリギリ腕がまわらないくらいが最大サイズというのが多かったですが
本シリーズは2話で胴体が隠れるほどのサイズに、3話で立っている状態で地面につくかどうかというサイズ
そして、最終話では身体よりもはるかに巨大なサイズの超乳といずれもエロ漫画ではそうそうお目にかかれないサイズです。
このレベルのサイズの超乳が電子書籍で販売される事はほとんどなく
今後も、このようなジャンルの作品が登場するのをとても楽しみにしております。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!戸惑うばかりだったロリが聖母のようなお姉さんにランクアップ

2016年08月30日   投稿数 : 8位

このレビューは参考になった×1人

もはや長々と書くよりサンプル1を見てもらった方が手っ取り早いでしょう。
前話までの成長によって、体の方は乳ベッドの上に人が乗っている状態に、心の方は際限なく快楽を求める状態に進化した主人公ではありますが、今話ではさらにもう一段上のステップに昇ります。
今までは発育は良くても所詮は「才能のある新入生」に過ぎませんでした。
それが今話ではその才能の桁外れ具合が明確に証明され、他の生徒の憧れの的になると同時に、次の世代へ自身の才能の一端を分け与える「聖母のような風格」すら漂わせるようになっています。
これにより男との力強い乱交はもちろんの事、少女らと触れ合う微笑ましい肉体関係も大いに描かれています。
もっとも、あまりに主人公の乳が巨大すぎるため、少女×少女と言うより、少女×その少女の体と同サイズの乳首と言う凄まじい絵面ではあるものの、少女らが嬉しそうに母乳を浴びて聖母の弾力に酔いしれる光景は素晴らしいものでした。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]