電子書籍 > 茜新社 > Lycoris リコリス

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
著者 スミヤ
出版社名 茜新社フォローする
レーベル TENMA COMICS LO
販売日 2016年09月19日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数219
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

少女色が濃い。そして澄んでいる。

TENMA COMIC LO緋色の第80弾。
純愛の中でも、最愛の最中にも、精液の濁りの中でさえ、
少女はいつも綺麗に透き通るようにそこにある。
ピンクよりもエッチな女の子の色って?

年齢の割に小柄で、クラスでいつも子羊扱いされるマスコットキャラ・萌ちゃん。
でも、その小さな身体には似合わない恋をしているのです。
お相手はズバリ担任の先生!
ふわふわの髪を揺らしてHなスキンシップにも十分応える萌ちゃんは、
まさにオオカミに食べられる子羊のよう…そして萌ちゃんはあることに気づくのです。

独特の筆致と描写で少女世界を描く孤高のストーリーテラー・スミヤ待望のセカンド作品集。
今回は「COMIC LO」未掲連載や描き下ろし後日談などを多数収録。
「少女漫画とは違う、もうひとつの純粋な(美)少女漫画」という感じの本です。

収録作品:
「冬がさむくて」
「ハナゾノ」
「マツリノハジ」
「オハナシ」
「ふたりはライバル」
「月の姫」
「アタシノモノ」
「ラヴリーゴースト」
「花火の灯り」
「なぞなぞ」
「condo」(COMIC LO未掲載)
「エンドロール」(描き下ろし)

作品情報/動作環境

作品番号
BJ091886
ファイル名/ファイル容量
BJ091886.zip / 117.27MB (122970134Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「Lycoris リコリス」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!美しく、愛に溢れ、どことなく物悲しい。

2017年06月14日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

私が初めてこの作品を手にしたのは、電子ではなく紙。2012年くらいだったかと思います。

結構気に入ってはいましたが、引越しの折に処分していました。
それが、いつの間にやらこうしてDLsiteさんの取り扱い品目に加わっていて……もちろん、改めて購入しました。


私個人としてはそのくらい気に入っている作品で、それはエロ以上に物語としての美しさやキャラクターとしての少女たちの魅力ゆえです。

エロ方面の占める割合が少ないわけではありません。
元々はそういった種類の漫画誌に載った作品ですから、相応の割合で肌を晒し、重ね、喘ぎます。
描かれているヒロインは例外なく、サンプルにあるような年恰好の少女です。

そんなキャラクターでで描かれる、美しくも優しく、時に倒錯的な物語が印象的です。
純粋な淡い恋の話、逃げ込むように行為にふける少年少女の話、決して届かない憧れのような恋の話などなど。

お話によっては、一見して救いの無い悲しいだけのものに映るものもありますが、最後まで読み進めたらきっと気づくでしょう。
彼らはみな、彼らの幸せの中に居ます。


そんなお話が詰まった作品です。
少し、語りすぎましたかね。
とにかく、そういう種類の作品がお好きでしたら、間違いなく買いです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]