電子書籍 > 笠倉出版社 > 満淫電車の姫君~見知らぬ男たちの熱い凶棒~ 13巻

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2016年09月16日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数27
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

「私もう…普通のセックスじゃ満足出来ないのっ…!」
彼とのエッチは好きだけど、何だか物足りない。
もっといろんなことしたいのに――。

欲求を募らせる花音(かのん)の気持ちとはうらはらに、
女性に貞淑さを求める彼はいつも必要以上に身体を求めてこない。
ある夜、電車に乗り込んだ花音は、
満員電車で身動きの取れない中、背後に忍び寄る見知らぬ男に身体をまさぐられる。
抵抗しようとするも、欲求不満の花音は痴漢の淫らな指遣いに疼く身体を抑えきれず、
声を漏らしてイッてしまう。
「ここに書きこめば、もっと気持ちよくしてあげるよ…」
そうささやき去っていく男の残したメモには、<痴漢サイト>のURLが記されていた…。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ091226
ファイル名/ファイル容量
BJ091226.zip / 13.65MB (14317282Byte)

満淫電車の姫君~見知らぬ男たちの熱い凶棒~ 13巻の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「満淫電車の姫君~見知らぬ男たちの熱い凶棒~ 13巻」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件