({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

作品内容

【電子書籍描き下ろし!】

(二巻までの内容)
------------------------------------------------
魔法薬学研修所で暮らす
所長のリン、部下のショウ、メイド長のコハル。
発情期のリンとエッチをしてしまったショウは、
その様子を見ていたコハルからおしおきと称して、
お○ん○んやおしりの穴を激しく調教される。
さらに、肉棒を痛いほどに勃起させられたところで、
射精を封じる貞操帯を付けられてしまうのだった。
------------------------------------------------

貞操帯を装着されてから七日。
限界をとうに過ぎたショウは、全裸でお腹を見せる
負け犬ポーズで貞操帯の解除をコハルに懇願する。
しかし貞操帯を外す方法は、本人(ショウ)以外の
人の手によって射精をさせてもらうというもの。
もちろん性器に直接触ることは不可能なため、
ショウはリンとコハルに耳や乳首を甘く嫐られ、
おしりの穴から前立腺を刺激される。
それでも射精できないショウに対し、
コハルはふとぶととしたペニバン責めを開始。
なんとか射精に成功するショウであったが、
その精液のニオイを嗅いだリンは
ケモノの獣欲を抑えられそうにもなく……。

(全3話予定/最終話)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「発情と調教のあいだ 最終話」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

おすすめ!最高でした

2017年01月04日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

とうとう三人での濃厚なカラミが出てきます。
メイド長の見下す視線、猫耳お姉さんの発情した顔。どれをとっても最高です。
男が夢見る展開、こんな射精管理を受けてみたいと感じる作品だと思います。
このジャンルが好きな人は、ぜひ読んでみてください。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!とうとう射精させてもらえる!

2016年12月24日  

このレビューは参考になった×0人

続き物の三作目です。前2作も良かったのでそちらも合わせて読むのがオススメです。
とうとう貞操帯を外してもらえるのですが、リンとコハルに上から下からめっちゃくちゃに犯されてしまいます。
やっぱりM向けだと思うので、正処理係になりたいマゾな方にオススメです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]