電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > ヤブヌマ > ヤブヌマ 侵食されゆく妻の蜜肌

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2016年07月30日
シリーズ名ヤブヌマ
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数283
ジャンル

作品内容

夫の計画により妻が最も嫌う男と交わる!

最愛の妻がおぞましい中年男と交わる、
そんなあってはならないことを僕は妄想した――
「智の望みどおり、藪沼に抱かれてみる」
妻・咲美は夫を愛するが故に、夫の愛を確かめるべく、
パート先の上司・藪沼と温泉宿で夜を共にする。
双臀の間を醜男の肉根が出入りする様を見て夫は……。

緻密な心理描写で話題を博した人気同人ゲームが小説化!
日常に密着したエロス、リアルな舞台設定で送る官能小説レーベル第162弾!

<登場人物>
●浅岡 智(あさおか とも)
三十代前半の会社員。
大学の後輩だった妻・咲美とは
結婚してから五年が経つが、順風満帆な生活を送っている。
だが、藪沼と出会ったことで寝取られ性癖に火がつくことに。

●浅岡 咲美(あさおか さくみ)
智の妻で一児の母。
明るく健康的で素朴な愛らしさがあり、
気は強いが心根は優しく、清廉で快活な性格。
半年前からスーパーでパートとして働いている。

●藪沼 幹夫(やぶぬま みきお)
咲美のパート先の副店長。
推定年齢五十代後半、三白眼に鷲鼻、厚い唇という不格好な外見。
上の者には媚びへつらい、目下には偉ぶる性格から、咲美に嫌われている。

<目次>
第一章 萌芽
第二章 カップル喫茶の暗がりで
第三章 夫婦交換演習
第四章 一度きりの約束で
第五章 一夜の真実(第一幕)
第六章 一夜の真実(第二幕)
第七章 忘れじの蜜

作品情報/動作環境

作品番号
BJ089420
ファイル名/ファイル容量
BJ089420.zip / 2.81MB (2941308Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

ヤブヌマ 侵食されゆく妻の蜜肌の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ヤブヌマ 侵食されゆく妻の蜜肌」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件