電子書籍 > 海王社 > 孕ませ学園 白濁まみれの性春

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2016年07月23日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数228
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

教室やプール、放送室……
制服の可憐な乙女たちが、感じまくり濡れまくりの学園ライフ全12話!
発情中の女子生徒が、校長や先生、先輩にいわれるがまま生ハメ&最後はいっぱいおねだり!
巻末には新婚の人妻が隣人に脅され喘ぎまくる背徳ストーリー「あのひとは悪魔」を収録!
電子書籍限定カラーイラストギャラシーも収録!

【収録作品】
孕ませ学園 白濁まみれの性春
第1話 プールでエッチな強制特訓!?
第2話 同時に責めちゃいやぁ!!
第3話 ふたりで先生にご奉仕
第4話 放課後3P
第5話 真夜中のミダラな身体検査
第6話 ハレンチな校内放送
第7話 濡れ乱れる刑罰
第8話 保健室で絶頂開発
第9話 奥までかきまぜて…
第10話 性の操り人形
第11話 スパイの代償
第12話 支配からの卒業

あのひとは悪魔
【全3話】

作品情報/動作環境

作品番号
BJ088047
ファイル名/ファイル容量
BJ088047.zip / 165.27MB (173294753Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「孕ませ学園 白濁まみれの性春」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

学校/学園(2)

学園

2017年05月15日   投稿数 : 4位

このレビューは参考になった×0人

作者さんの絵柄は少女マンガのようなのに内容はハードでギャップがあっていいですね。
キャンペーンでお安く買えて良かったです。
サンプル画像にもありますが、水泳の授業を見学していた女子にペナルティのような指導が入ります。
学園のめちゃくちゃさが面白い一冊でした。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

不本意ながらカラダの関係に陥ってゆくヒロインが印象的な一冊。

2016年07月23日   投稿数 : 2位

このレビューは参考になった×0人

丁寧で繊細な描線で描かれた”アイドル”的要素を持った
女性キャラクターのデザインが、印象的な”ゆずぽん”先
生の表題作・全十二話と三話構成の中編一本を収録した
作品集。
印象的な収録作品は、幸せの絶頂にある新婚なヒロイン。
”辛い”学生生活を送った主人公の男性と再会し・・・な
三話構成の中編「あのひとは悪魔」。主人公の事を思い
出し、”贖罪”的精神状態に囚われ(とらわれ)てゆくヒロ
インを詳細に描いていました。
収録されている作品は、いずれも、本質的な主題として、
相手の男性の望まれて、不本意ながらカラダの”関係”に
陥って(おちいって)ゆく女性心理を、巧みに内包しなが
ら、”ゆずぽん”先生ならではのホンワカ優しく・柔らか
い女性キャラにて表現されています。ほのかにダークな
ストーリーと優しい読み心地・読後感とが、切れ味鋭い
”二律背反”な世界観を成立させている一冊。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]