電子書籍 > 海王社 > 淫落の聖女エルヴィーネ > 淫落の聖女エルヴィーネ【第1話】

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2016年07月16日
シリーズ名淫落の聖女エルヴィーネ
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数25
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

魔界からの干渉──災厄より守るため、魔界と人界を遮る結界が張られていた。
その結界は聖女と呼ばれる3人の女性によって保ち続けられていた。
『炎の聖女』『水の聖女』そして『光の聖女』と呼ばれる彼女らによって──。

光の聖女・エルヴィーネが結界維持のため、祈りをささげる間、
従者であるオーロフはほかの従者仲間と街へと繰り出すことに…。

街でオーロフは占い師を名乗る女性にある物を渡される。
その物品から出された魔法の液体を思い人に飲ませれば、
オーロフの言うことをなんでも聞くという話だった。

半信半疑ながらエルヴィーネに液体を飲ませるオーロフ。
それを飲んだエルヴィーネはおそるそろる命令するが──!?

エロティックファンタジーの巨匠・たいらはじめが描く魅惑の新シリーズ始動!

「マガジンサイベリア Vol.089(BJ088028)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ088032
ファイル名/ファイル容量
BJ088032.zip / 15.32MB (16059018Byte)
注意事項
「マガジンサイベリア Vol.089(BJ088028)」に掲載されている作品です。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「淫落の聖女エルヴィーネ【第1話】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件