電子書籍 > 海王社 > 汚らわしくも母親 > 汚らわしくも母親【第3話】欲に堕ちる人妻

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2016年06月18日
シリーズ名汚らわしくも母親
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数19
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

夫は単身赴任で家におらず、息子とふたりでの生活を送る綾子。
ある日、息子の幸一が友人の拓也を連れてきた。
女の子と見まがう美貌を持つ少年は、その日は綾子の家に泊まるという。

深夜、物音に気づいた綾子は、トイレで拓也がオナニーをしているところを見かけてしまう!!

「年ごろの男の子なんだから 当たり前の行為なんだけど」

そうは思っていても、綾子の拓也に対する態度はぎこちなさが出てしまった…。
そしてその光景を思い出すたびに、綾子はついオナニーをしてしまう。
息子と同い年の子供相手に何を…と、自己嫌悪するが、綾子はその欲望を止めることができないでいた。

深夜――。
今晩もまた、拓也がオナニーをするのではないかと待っていた綾子の耳に、トイレでの物音が届く。
興奮しながら覗き見た先では、拓也が綾子のストッキングを身に着け、
凶暴なまでに勃起したチ○コを擦りあげていのだった!!

「んあああっダメ! イっちゃう!気持ちいいよ―――!」

自らの衣服が汚されるところを見ながら、興奮し股間を濡らす綾子。
高まる欲望を抑えきれなくなった彼女は、拓也と同じようにストッキングだけを身に着けて……!!

豊満熟女の大家、茜しゅうへいが描く人妻淫靡奇譚!
欲望のはけ口を求め、自ら新たな境地を切り開く人妻のたどり着く先は!?

「マガジンサイベリア Vol.088(BJ084788)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ084796
ファイル名/ファイル容量
BJ084796.zip / 8.37MB (8777895Byte)
注意事項
「マガジンサイベリア Vol.088(BJ084788)」に掲載されている作品です。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「汚らわしくも母親【第3話】欲に堕ちる人妻」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件