電子書籍 > ワニマガジン社 > 艶肌らう゛ぁーず

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2016年06月12日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数120
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

『COMIC失楽天』の色男・サブローの初単行本!

たまりかねた艶女たちが玉のような肌をあらわにする裸出短編集です。
へべれけ女上司から子宮キッスを希求される「カワイイヒト」や
下着に釣られてマンマンの罠にハマる「トラップ一家」ほか、
肌身離さず連れ回したいモテオンナとそこかシコでコトに及ぶ腰フリースタイル全13作。
ありあまるセックスアピールを肌で感じる1冊です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ084699
ファイル名/ファイル容量
BJ084699.zip / 73.98MB (77573894Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「艶肌らう゛ぁーず」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

中出し(2)

おすすめ!

2017年07月15日   投稿数 : 4位

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

サンプルの絵がとてもキレイだったので気になっていましたが、キャンペーンでお安くなっていたので購入してみました。
ページ数は少なめだなと思ったら丸々一冊フルカラーでとてもゴージャスでした。
ストッキングや肌の質感が素晴らしかったです!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!ストッキングとか白装束とかの肌の透け感が素晴らしいフルカラー

2016年06月14日   投稿数 : 7位

このレビューは参考になった×4人

相互に関係ない話が13話収録されたフルカラー短編集です。
ガミガミ系女上司が酔ってフニャフニャに豹変したのでスーツを脱がして一夜を共にする話。
金髪姫騎士の後輩を敵の王に扮した先輩が辱めて征服Hする話。
美人女医と看護師に夜這いされて二つの女体が男の上で乱れる話。
下着を盗もうとした少年が家主の母+姉妹に捕らえられてお仕置きHされる話。
ヌードモデルの金髪美女が扇情的な下着で男を弄んだら油断して攻め返された話。
妄想癖のあるお嬢様が脳内の陵辱劇を執事に実践させる話。
奥手な日焼け娘と強引な色白娘がビーチで彼を誘惑して3Pする話。
品の良いお嬢様が将来の世継ぎの練習と称して若い教師と実技を行う話。
滝を浴びる黒髪美人が白装束を着たまま肉体的に邪念を払う話。
純白の羽根を生やした天使少女が人間の男を見下しながらもHする話。
棺から蘇った古代の女王が現代知識の無知を利用されて純潔を散らす話。
露出度の高い装束を着た巫女が男の眼前で舞い踊って恍惚と身を重ねる話。
高飛車な悪魔っ娘が挑戦的な態度の男に反発して大盤振る舞いの分身3Pする話。
などOLからファンタジーまで幅広く取り揃えていますが、傾向的な共通点があります。
「女の子が悲しまない」という結末です。
陵辱じみた一方的な攻めを行う場面はあるものの、いずれも女性陣は内心に満更でもない気持ちを秘めていて終わった時に許すのはもちろん一層にラブラブに微笑んでくれます。
っていうか、そもそも上記した通り開放的に発情した女性が多く、女の側から積極的に迫ってくる嬉しさが満載です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]