電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > 乳牛少女かおり > 乳牛少女かおり 第3話

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

【電子書籍描き下ろし!】

人一倍乳房が大きく育ってしまったかおり。
彼女が入れられた施設は、
胸の大きな人間を乳牛として飼い、母乳を搾る人間牧場だった!

すっかり快楽に堕ち、乳房も大きくなったかおりは、
次のステップの調教を受けることとなる。
新たにルームメイトとなったイチカとともに、
牧場で薬を飲まされて乳搾りを受けるかおり。

飼育員の男たちに犯されながら
ミルクを搾られるだけに飽きたらず、
さらには乳首セックスで乱れていくのだった……。

おっぱい漫画家ぺどっちによる超乳漫画が登場!
(全4話予定)

作品情報/動作環境

作品番号
BJ083520
ファイル名/ファイル容量
BJ083520.zip / 19.11MB (20037477Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

乳牛少女かおり 第3話の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「乳牛少女かおり 第3話」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

おすすめ!衝撃の新展開!

2016年05月31日  

このレビューは参考になった×1人

ぺどっちさんの衝撃のシリーズの第3話目です。

前回、快楽墜ちしちゃった主人公の少女ですが
表紙の通りバストサイズが一気に大きくなりましたw
そして、通常ではありえないサイズの超乳になった少女が本能の赴くままに快楽を貪ります。
その中には今まで描かれなかったノーマルSEXからニプルファックまでも行います。

作中でも一目置かれていたバストサイズを持つ少女が待ち受ける次の展開やいかに!?

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!着実にレベルアップしていく主人公

2016年05月30日   投稿数 : 7位

このレビューは参考になった×1人

2話を読了済み、あるいはサンプルを見ればわかるかも知れませんが、主人公の乳は2話のラストの時点よりも明らかに膨張しています。
明確には語られていないものの、2話と3話の間では劇中時間が多少経過していて、そのわずかな期間で乳が加速度的に成長したのだと暗示されています。
もはや体積の比率的には乳房が本体で、ロリロリしい少女の体が付属品のような有様のため、ちょっとした移動でも難儀するようになっています。
それに伴い、1~2話でのカリキュラムを早期進級し、ルームメイトとも別れて、一段上の領域に進むと言うのが本作の大枠です。
2話までのルームメイト達と比べると主人公の乳は飛び抜けたサイズでしたが、この領域では人体よりも乳房の方がデカいのが当たり前と言わんばかりに、主人公と同サイズのおっぱいが横一線に並んでいます。
そして、工場か何かのように一斉に乱交が始まり、感極まった乳娘達から母乳が噴き出す、狂乱の光景が広がります。
しかし、2話のアレで目覚めてしまった主人公はそれだけでは飽き足らず、更なる強烈なプレイ(ジャンルタグに入ってるやつ)を要求し、新天地の同級生達よりも抜きん出た素質を露わにするのです。
なんなら、ここが最終話で「めでたしめでたし」でも納得できる高揚感と乳の巨大さだったので、これでさらに続きがあること自体に末恐ろしさを感じてしまいます。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]