電子書籍 > 文苑堂 > 夜勤看護

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2016年05月02日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数30
ジャンル

作品内容

検査入院のため日々病院ですごす英くんは、
かつて一緒に遊んだ近所に住む憧れのお姉さん、陽香さんと再会する。
陽香さんは看護師になっていて、おまけに既婚者。今では一児の母だ。

ちょうど思春期の英くんは、陽香さんへの想いが再燃焼し、
夜、独り病室のベッドで彼女の裸体を想像し自慰に耽る。
するとそこに陽香さんが訪れた。顔を赤くしたままで。
英くんは彼女の名前を口にしながら果てたため、すべてが筒抜けだった。

彼は陽香さんに嫌悪されると思い、
羞恥心と後悔に体を震わすが、そんな彼を陽香さんは抱きしめると、
「今夜は私に甘えていいのよ」と優しくささやく。
もしかして…と、ナニかを期待する英くん。
だが、陽香さんは差し入れに持ってきたゼリーをスプーンですくうと、
彼の口元へ持っていき「はい、あーん」と子供あつかい。
泣きそうなほど落胆する英くん。
しかしそれは、これから始まる凄まじいファックの序章にすぎなかった。

「COMICエウロパvol.6 (BJ080416)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ080422
ファイル名/ファイル容量
BJ080422.zip / 21.52MB (22567340Byte)
注意事項
「COMICエウロパvol.6 (BJ080416)」に掲載されている作品です。
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「夜勤看護」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

なすがまま

2017年06月13日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

※ネタバレ※ このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。 レビューを表示する

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]