電子書籍 > 海王社 > カリーナの冒険 > カリーナの冒険【第7部】

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2016年04月16日
シリーズ名カリーナの冒険
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数185
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

グロッサー一味に捕まったカルム国の元王妃にして、王母メイフェア。
女性器に嵌めるリングをプレゼントし拷問から解放してくれたのは、
初恋の相手であるメイフェアに特別な想いを寄せるシギリアの領主だった。
しかし、メイフェアはこの魔法のリングにより
常淫の身となり、発情に苦しむこととなる。

一方、セネカ―の邪淫像とまぐわることで巫女となり、
淫らな人格と肉棒を有する身体に変容した呪いを解くため
ジュリムの館に連れてこられたオリンダの王女ソアラは、
親衛隊長アルファの裏切りにより、
自分だけの性奴隷にするよう魔法使いの婆に身を委ねられていた。

発情しところかまわず自慰を繰り返すメイフェアは
拷問師ランティスの激しい性的拷問により鎮静させられ、
リングを外すべくジュリムの館に連れられることとなる。

ジュリムの館でようやく出会えた姪と叔母、ソアラ姫とメイフェアであったが、
お互い性的錯乱状態にあり、禁断の行為にふけり…。

剣と魔法が司る世界を舞台に、終わりなき輪姦地獄を描いた名作官能スペクタル!
描き下ろし表紙イラスト、加筆ありのデジタルリマスター版で鮮やかに蘇る!!

作品情報/動作環境

作品番号
BJ079414
ファイル名/ファイル容量
BJ079414.zip / 116.19MB (121829455Byte)

カリーナの冒険【第7部】の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「カリーナの冒険【第7部】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件