電子書籍 > アロマコミック > 聖痴巡礼 第10巻

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2016年04月28日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数245
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

各地の文化や風習を見て学び、研究する会…風土研究会。
とある学園の一団である彼らは定例旅行と称し、
「山神様の住む地」として有名な土地へ聖地巡礼に赴いていた。
しかしその最初の地点…女人禁制を謳う<山神様の門>にて、
勝気な女子である相沢ミサキは「今時女人禁制なんて流行らない!」と言って門を潜ってしまい…
それどころか、の奥に鎮座していた山神様の御神体である岩を、
「下らない」と言って叩く暴挙に出てしまった。

そこから始まる怪現象の数々…欲情を訴え、研究会唯一の男手である上谷一郎に次々と群がる四人の女達。
こうして「聖地」は「聖痴」に姿を変えた…果たして彼女達は無事に日常へと帰る事が出来るのか?

作品情報/動作環境

作品番号
BJ076617
ファイル名/ファイル容量
BJ076617.zip / 88.56MB (92865512Byte)

聖痴巡礼 第10巻の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「聖痴巡礼 第10巻」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件