({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2016年03月06日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数224
ジャンル
ファイル容量
152.9MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

『COMIC快楽天ビースト』の名花・夏桜の初単行本!

人肌恋しい花娘が恥ずかしそうにパイ輪の花を咲かせる開花短編集です。
ひとり遊びじゃマンゾクできないロリっ娘から
特濃ザーメンでゾクゾクきちゃうヤリっ娘まで、
意識すればするほど意識が飛んじゃうトロリン娘を強制恋交。
甘んじて虜囚の恥ずかし責めを受ける1冊です。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「彼女は恥ずかしいの虜」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 3件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

フェラチオ(3) 放尿/おしっこ(2)

おすすめ!えむっこ

2017年07月20日   投稿数 : 3位

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

※ネタバレ※ このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。 レビューを表示する

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!実は口淫良作

2017年07月05日  

このレビューは参考になった×0人

・フェラ好きには嬉しい
サンプルに載ってないですが、フェラ多めかつ描写にこだわりを感じます。しかもパイズリ、口内射精、ぶっかけ、イラマチオ(ハードでは無い)とバラエティに富んでいます。

・キャラも豊富
アホかわいい娘、お母様、クールなメイド、後輩、先生など。表情も豊かです。

・感想
伝えることが出来ないですが妙なノリやセンスある手法、カメラアングルなどが好きです。

タグにフェラチオ、イラマチオ、口内射精つけ忘れちゃったんですか?じゃあ僕がつけてあげます。大切にしてくださいね。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

はずかしめとは似て非なる「恥ずかし責め」

2016年03月12日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×2人

表紙のなんともいえない素敵なダブルピースに惹かれてレジへ。

ヒロインは、1人未亡人がいるほかは、ハイティーンから20代前半で、どれもこれも溌剌として適度にむちっとした素晴らしい肉づき。このレーベルはあまりなじみがないけれど、絵買いして損はありませんでした。
ちなみに、世界観は全話繋がっていて、巻末には総登場人物の相関図というオマケ付き。

基本はラブラブな男女の行為を描く純愛ものですが、「恥ずかし責め」なるスパイスが効いているのが特徴。
えちぃは大体押せ押せな女の子側の主導でスタートしますが、行為中盤から、派手な体位、呼吸を詰まらせるほどのフェラ、おもらしなど、女の子の恥辱を煽るようなプレイが挟まり、少しずつ男側の攻撃性が増すのミソ。「恥ずかしさ」・「適度なアブノーマル」をスパイスにしてキモチイイのボルテージを高め、ラブラブフィニッシュで締めくくり。えちぃさは圧巻です。

個人的にツボったのは、ある意味表題作ともいえる「さなはきもちいいの虜」。かわいい図書委員ヒロインが、とあるきっかけで「責任とって」と迫って来てくれます。「おもらしでラブラブ」をこれでもかと押してくる構成も、おもらし好きにはたまらない一編。

もう1つのお勧めは「七帆 背徳な関係」。背徳といっても不倫ではなく、天然でキュートな未亡人さんが親子ほど年下の男の子に迫られて・・・という導入。押せ押せなヒロインが多い中、この未亡人さんは「押されて」えちぃに移行するのも印象的です。しかし包容力溢れるフェラシーンとフィニッシュの乱れっぷりは、既婚者ならではのえちぃさ。

ほんのりアブノーマルな要素をスパイスにして、ラブラブえちぃを目いっぱい楽しめる一冊です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]