電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > ハーレムプレリュード

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

群雄割拠する大陸を舞台にした
どこからでも読める大河戦記ファンタジーシリーズ!

偶然にも彼と戦を共にすることになった『輝鬼衆』のくノ一・リサイアと
戦場をまだ知らない彼の自信に溢れた戦術に喰い掛かる女騎士・メルディス。
社交界で男たちを虜にする有名な美女人妻グラウディアに、
その娘で高慢なエイドリアン。
そして騎士として絶対に手を出してはいけない自らの王・ケリュフィスの妻である
マリージェーンまで……総勢5人の美女ハーレム!

ときは仙樹歴1020年──。
父の死をきっかけに領主に着任し弔い戦として初陣を迎えたセリューンは、
直前の軍議で国一番の女騎士メルディスと賭けをする。
『…いいわ、坊やの思惑通りになったらアタシの身体を好きにしても』
嘲笑う巨乳美女の挑発的なウインクに、実は未だ童貞だった彼は
クールなふりをしながらも彼女とのエッチに期待を膨らませていた。

そして彼の天才的な才能が開花されると
国中を挙げての大騒ぎになり様々な美姫たちに取り囲まれることに!

くノ一の性指導に、巨乳騎士にはやりたい放題の言いなりプレイ。
美女人妻と娘は親子丼で同時攻略……。
そして王妃マリージェーンとの密会もはじめ、ある時は娘の側でさえも!

城中の美女を食い尽くさんばかりのセリューンだったが
あまりの行いにある日、公序良俗を乱すとお灸を据えられ……。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ075939
ファイル名/ファイル容量
BJ075939.zip / 12.09MB (12680624Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

ハーレムプレリュードの関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ハーレムプレリュード」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!ハーレムシリーズの王道

2016年02月28日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

同一のファンタジー世界観で、様々なハーレムが展開される「ハーレムシリーズ」の1作となります。
今回は原点(?)に立ち戻り、権力を得た少年が、様々な女性と体を重ねていく……という内容でした。

登場する女性は、くノ一、女騎士、人妻とその娘、王妃とバラエティに富み、くノ一の少女以外は、皆豊満な肢体の持ち主です。
人妻とその娘は母娘丼プレイ、最後は5人揃っての乱交と、ハーレムモノを数多く手掛ける著者だけに、展開もツボを押さえていました。

特筆すべきはその挿絵であり、繊細かつ淫靡な画風が、世界観に実によくマッチしています。
表紙絵に惹かれた方は、中のモノクロ挿絵も同様のクオリティで描かれておりますので、ご安心下さい。
個人的には表紙でメインを張る女騎士がバックで攻められるイラスト、そしてカラー口絵のエロ下着姿の母娘が最高でした。

総評として、王道の展開、世界観、挿絵と、全ての要素がうまくハマった良作だと思います。
まだまだハーレムが拡大していくことも示唆されており、さらなる展開が為されることを、願って止みません。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]