電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > 救国の孕み袋【単話】

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

文字通り人並み外れた呪法の力を持つ妖狐は、
しかし、油断から帝国兵との戦いに敗北した。
そして、より強力な兵士を産み出す計画のため、
人外の腹に人間の精液を注ぎ込まれてしまう。
囚われ、犯され、数ヵ月……。
人間に種付けされる際の屈辱感は変わらぬものの、
男根を目にすると尻尾が大きく揺れ動き身体は発情。
自ら肉棒をしゃぶり、尻を突き出し種付けを懇願する。

※『二次元コミックマガジン 人外娘孕ませ 気高き牝たちは人間子種に屈服するVol.1』に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ075927
ファイル名/ファイル容量
BJ075927.zip / 16.25MB (17034806Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「救国の孕み袋【単話】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!正しいテンプレ展開

2016年03月09日  

このレビューは参考になった×2人

レビュアーが選んだジャンル :

ムリヤリ孕まされて、お腹が大きくなってもまだ犯されて、最初は抵抗ばかりしてたのに最後は完全に堕ちて自分から求めるようになって・・・というコレ系でのテンプレ的シチュですがむしろそれがいいんですよね。コレを見たいんですよ。

狐耳娘でケモ要素は薄いですが自分にはこれくらいのほうがちょうどよかったです。

ボテ腹プレイよりその前の通常時のプレイのほうが割合は多めだったので次回作があれば割合が逆になってたらないいなーって。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]