電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > 二次元コミックマガジン 性感マッサージで強制悦楽デトックス! > 二次元コミックマガジン 性感マッサージで強制悦楽デトックス!Vol.2

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

作品内容

リンパの流れが――
皆さんやってることですよ――
治療ですから――
女性ホルモンが活発に――
中からツボを刺激しますよ――
最後にお薬入れますね――

身体のコリをほぐすつもりが
気づいたらアヤシイ手つきで性感を刺激されて――

「普通のマッサージがだんだん卑猥なマッサージに変わっていき……」
というシチュエーションをテーマにしたオール描きおろしのアンソロジーコミックス!
電子書籍版特典として表紙イラストのデジタルピンナップJPG付き!

【収録作品】
『若妻の裏マッサージ初体験』 by 天道まさえ
スポーツジムに通う若妻ちかは
腰を痛めて夫とともにマッサージ店に行く。
持参の水着を着てベッドに寝そべった人妻は
恥ずかしさと気持ち良さを感じながら
足裏、太腿、脚の付け根と揉みほぐされていき、
続くオイルマッサージによって身体の中からも刺激されてしまう。
施術室の外で待機する夫の存在を意識しながらも
目先の快楽に流されてしまうのだった!

『享楽的なオカマッサージ』 by ててるん
出張マッサージを頼んだヒロインのもとに
現れたのは、大男で自称オカマの整体師・籾山。
女性が来ると思っていたヒロインは躊躇うものの、
強引な籾山に促され全身マッサージをすることに。
だが、開始まもなくスク水から溢れそうな巨乳を
「直接マッサージしないと効果がないの」と、
根元から乳首まで揉みしだかれてしまう。
さらに、籾山は「ここも良ぉくほぐさないとね」と、
女性器にも指や剛直でマッサージを施し始めるのだった。

『エルフ剣士とマッサージ』 by オスマントル子
エルフ女剣士の一行は旅の疲れを癒やすために町のマッサージ店を訪れる。
その店を営むのは、かつて彼女らに壊滅させられた盗賊団の男たち。
そうとは気づかず按摩を受けるエルフ少女に
欲望の揉みほぐしが襲い掛かる!
ボディースーツ越しの巨乳に執拗に手が這い回り、
下半身の敏感な箇所さえも巧みに刺激され、
黒いスーツに卑猥なシミを作らされてゆくのだった……。

表紙イラスト:孤裡精

作品情報/動作環境

作品番号
BJ072644
ファイル名/ファイル容量
BJ072644.zip / 43.59MB
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

二次元コミックマガジン 性感マッサージで強制悦楽デトックス!Vol.2の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「二次元コミックマガジン 性感マッサージで強制悦楽デトックス!Vol.2」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

油断

2016年03月12日   投稿数 : 3位

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

マッサージですから。
リンパの流れを。
皆さんもやってる事ですから。
そう言われれば、その瞬間に拒否は出来ないですよね。
しかし、その一瞬で逃げ出すチャンスはなくなります。
あとは気持ち良い事しか考えられず、すっかりマッサージにハマってしまい…シチュエーションがツボの一冊でした。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]