電子書籍 > 海王社 > 淫獄の巨塔~獣たちの叫宴~ > 淫獄の巨塔~獣たちの叫宴~

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2016年02月27日
シリーズ名淫獄の巨塔~獣たちの叫宴~
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数211
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

自らのマンションに女王として君臨する遥は、
住人全員を隠しカメラによって監視している。
全員のプライベートを調べ上げ、
弱みを握り調教することで奴隷として支配下に置いていたのだった。
男は遥自身の淫靡な肉体で堕落させ、
女は遥のいいなりになった男たちによって肉奴隷化する…。

そんなある日、遥のマンションに夫と越してきた新婚ホヤホヤの人妻・彩央依。
旦那が単身赴任となって、独り若い体を持て余している彼女に目を付けた遥は、
まずは奴隷の優を使い彩央依を調教すべく罠にかけるのだった。

何も知らない彩央依だったが、
遥とその奴隷たちの手によってマニアックなプレイに翻弄されてしまう。
今まで知らなかったハードな刺激に逆らうことが出来ず、
快楽堕ちしてしまった彩央依は身も心も肉奴隷となっていく。
久しぶりの夫とのSEXに満足できなくなり、
自ら遥の元に屈することを選んだ彩央依が行き着く先は――。

凌辱の鬼才・鬼窪浩久が圧倒的画力で描く人妻堕としの傑作長編!

■収録作品■
【第一話】淫虐への誘い
【第二話】堕ちた人妻
【第三話】宴の始まり
【第四話】牝奴隷創生
【第五話】調教の日々
【第六話】戻れないあの日々
【第七話】終わりの始まり…
【第八話】新たな調教を…
【第九話】驚愕の出会い
【最終話】奴隷たちの叫宴

作品情報/動作環境

作品番号
BJ072467
ファイル名/ファイル容量
BJ072467.zip / 158.21MB (165899808Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「淫獄の巨塔~獣たちの叫宴~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!迫力

2016年12月27日   投稿数 : 4位

このレビューは参考になった×0人

過去の作品もいくつか読んで、画力の高さや徹底した描写が印象的でした。
いつもは熟女が主役という感じでしたが、今回は若い新妻がターゲットになっています。
徹底した墜としかたが相変わらずスゴかったです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]