電子書籍 > ティーアイネット > 乳性牝

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2016年02月11日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数211
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

光臨! 魔乳輪!!
まさに牝は商品! 乳の香りたっぷりの大巨乳が氾濫する1冊です!
義母とのセックスに溺れていく息子、姉に翻弄される弟、女教師に責められる生徒…など、
年上のお姉さん好きにはたまらない出来となっています!
至高の乳輪と巨大な腰回りが交差する四島由紀夫の贈る世界をご堪能ください!

作品情報/動作環境

作品番号
BJ070757
ファイル名/ファイル容量
BJ070757.zip / 137.49MB (144171278Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「乳性牝」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

義母(2) ぶっかけ(2) 女教師(2) 実姉(2) 男性受け(2)

そのおっぱいに・・・

2016年04月14日   投稿数 : 1位

このレビューは参考になった×0人

存在感あるおっぱいがたまらない作品。年上が中心。
姉弟相姦もので終始姉に押されっぱなしな展開や
もう一組の姉弟相姦と交えてのシーンは見応えあり。
教師と生徒との乱交模様や義母との禁断Hとどれも
迫力があってHをとことん楽しみたいならもってこいなボリューム。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

少年受け6話+少年攻め5話

2016年02月12日   投稿数 : 7位

このレビューは参考になった×1人

「しつじ飼い」シリーズ5話+「小芥子」シリーズ4話+他2短編で計11話入りの短編集です。

「しつじ飼い」:実姉と二人暮らしの弟が密かな劣情を抱くも実は姉にバレバレで、ある日を境に近親ズブズブ関係にっていうのが1話で、その後は姉の同僚のOLも加わったり、実はその同僚も弟と近親関係していたりでダブル姉弟乱交に興じたり、と大人の女の色気が若い少年を翻弄する内容となっています。
スーツが似合って格好良さすら漂う美人OLの姉が眼鏡貧弱系の弟を貪るように犯す男性受け型のHゆえに姉の淫らさが際立ってそそるものが有ります。
それでいて、姉らしく弟の心情を気遣い、不安になる描写が細かく、徐々に近づいていく過程が上手く描かれています。

「小芥子」:主人公の父親は年若い女教師と再婚したのだが、年齢が年齢ゆえに父親の男性機能は終了気味で、それを気負うあまり自分の息子(つまり主人公視点)に代わりに嫁を慰めろと言い換えれば義母と生Hしろと強いられたのを切欠にタガが外れ、息子が学校や家で義母に背徳淫行を繰り広げます。
本の前半にあたるしつじ飼いが男性受けだったのが一転して、こちらは男側が攻めて責めて、年上の女教師を戸惑わせる、大人の女を我が物にして行く感が支配欲をくすぐります。
また、女教師とその生徒とあって学校内での隠れた情事も背徳感をもたらしてくれます。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]