電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > 虫絡み絵巻 > 虫絡み絵巻~親指の悲鳴~

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

【電子書籍描き下ろし!】

極端な虫嫌いの少女――乙女院エミルは、
家の庭にバッタを見つけ、衝動的に殺してしまう。
その様子を見ていたバッタたちの姫である親指姫は、
家来を殺された憎しみから、魔法でエミルを小さくする。

身体が小さくなったエミルにバッタたちが襲いかかり、
彼女が殺した雌バッタの代わりに卵を産ませようと、
エミルの口や膣を容赦なく犯してくる。

子宮に精液を注ぎ込まれたあとは卵を産み付けられ、
バッタたちの卵を胎内に宿したエミルは、
親指姫の望む通り、虫たちの苗床になるのだった……。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ070001
ファイル名/ファイル容量
BJ070001.zip / 15.52MB (16273438Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

虫絡み絵巻~親指の悲鳴~の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「虫絡み絵巻~親指の悲鳴~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

おすすめ!バッタの群れに陵辱され、蟲の苗床人形にされる虫嫌いの少女!

2016年08月11日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

バッタを殺してしまった蟲嫌いの少女・乙女院エミルはバッタ達の姫、親指姫の怒りに触れ、体を小さくされた上、バッタ達に陵辱され、大きなバッタに卵を産み付けられ、虫達は死ぬまで陵辱され続けられ、親指姫の魔法で死ぬ事ができず、一生蟲の苗床人形として生かされ、虫達の仔を生み出し続けられる事になりました。

虫達の蟲姦を受け、蟲の苗床に堕ちて行く少女の姿はとても最高でした。
蟲姦好きの方にはお奨めです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!蟲の怒りを買ってしまった少女

2016年01月15日  

このレビューは参考になった×1人

虫嫌いなヒロインが、眷属である虫を殺された怒りに震える虫の姫によって身体を小さくされてしまい、虫達の繁殖の道具へと堕とされてしまう様を描く、蟲姦、産卵孕ませ系の漫画作品。

蟲姦物の定番と言えば、人間サイズの巨大な蟲が登場するようなシチュが多いですが、本作は逆にヒロインが虫サイズまで小さくされてしまい、通常サイズの虫の群れにひたすらに犯されるというシチュで描かれる一作。
出てくる蟲はファンタジックな感じではなく普通のバッタのような蟲オンリーで、ヒロインの蟲嫌いという設定も相まって、泣き叫び恐怖を感じつつ陵辱されるという、ややハードな蟲姦陵辱を楽しめます。

展開としてはかなりハードな物ではありますが、蟲そのものはそこまでリアルに描かれていない事もあり、グロテスクさは感じないのもまたバランスが良くて良いですね。

蟲姦好きであれば是非ともオススメな短編漫画作品。
蟲の苗床へ堕ちていくヒロインの姿を堪能できますよ。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]