電子書籍 > 一彩出版 > キモオタのボクが不良娘に好き放題できるワケ

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

「あぁ……鬼塚さんにこんなことして貰える日が来るなんて……」
――キツイ目で睨みつけてくる彼女を尻目に頭を掴んで喉奥まで突き入れるッ!
キモオタのボクが不良娘に告白したら関係は最悪になると思ったのに……ッ!!

典型的なキモオタ容姿の山田は女子からパシリに使われていた。
今日も蹴り倒され課題を押し付けられ倒れ伏すが、その顔はなんと満面の笑みであった!?
実は山田は虐げられる事に快感を覚えるドMな変態だった!!
特に冷たい視線を受けることに強烈な快感を受ける山田は、
不良娘たちのリーダーである目つきの悪い鬼塚咲にゾッコンであった。
しかし最近の扱いに慣れてしまった山田は、
更に虐げられる為に鬼塚に告白することを思いつく。
キモオタの自分が鬼塚に告白し、
関係性を悪化させれば更に酷い仕打ちを受けられる……はずだったのだが……!?

作品情報/動作環境

作品番号
BJ069848
ファイル名/ファイル容量
BJ069848.zip / 20.86MB (21871950Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「キモオタのボクが不良娘に好き放題できるワケ」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件