電子書籍 > 一彩出版 > 妹のトモダチとヒミツの関係

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2016年03月01日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数25
ジャンル

作品内容

『私の親友には、お兄さんがいる。私は優しいお兄さんのことが、とても――』

女子校生のみはるは、親友・一代の兄の七弥に昔から恋心を抱いていた。
臆病なみはるにはその思いを打ち明ける機会も度胸もなく、
今の関係がいつまでも続けば良いと願っていた。
ある日、一代の家を訪れたみはるは、
興味に駆られて不在の七弥の部屋に入ってしまう。
「お兄さんの……匂いがする……」
部屋に篭る残り香、脱ぎ捨てられた衣服の匂い……
胸の高鳴りを抑えきれず、興奮した体を沈めるべく自慰行為を始めるみはるだったが、
帰宅した七弥と運悪く鉢合わせになってしまう。
自らの痴態を想い人に見られ泣き崩れるみはるだったが、
七弥の言葉から両想いだったことを知り、互いに想いを伝え合う。
親友のお兄さん、妹の親友……
関係が恋人へと変わった二人は、
数年分の想いを埋め合わせるかのように、優しく唇を重ね合わせて――

作品情報/動作環境

作品番号
BJ069841
ファイル名/ファイル容量
BJ069841.zip / 6.03MB (6323803Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「妹のトモダチとヒミツの関係」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件