電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > トロトロ旨ミルク【単話】

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2016年03月09日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数16
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

エルフの集落からはぐれてしまいミノタウロスの里で暮らす少女アルク。
ミルクバーの店主ノアの下で働く彼女は
ノアの役に立ちたいと願いミルクの仕入れを手伝う。
ある夜、ミルクの仕入れ先となる小屋でアルクが見たのは
ノアが里のおじさんに膣内をつかれ母乳を搾る姿だった。
大量のミルクを噴き出しながら絶頂するノアの前で
ミノタウロスの極太ペニスに処女を奪われるアルク。
大量の精液を子宮に注がれたアルクは
肉体がミルク作りのため膨乳していることに驚くも、
次第にペニスと搾乳に快楽を感じ始め、
ノアのミルクを飲みながら母乳を噴き出し絶頂するのだった。

※『コミックアンリアル Vol.50』に掲載されている作品です

作品情報/動作環境

作品番号
BJ069680
ファイル名/ファイル容量
BJ069680.zip / 9.53MB (9997952Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「トロトロ旨ミルク【単話】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件