電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > スペルマ・ハンター【単話】

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2016年03月05日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数22
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

様々な生物の精液を求める『スペルマハンター』の褐色美少女カレン。
フラスコ型の搾精機や手コキやスマタで精を搾り
一仕事を終えた彼女の前に幻獣ユニコーンが現れる。
警戒心が強いユニコーンの精液は流通量も少なく超高額な値段で取引されていた。
なんとかしてスペルマを手に入れようと彼女は媚薬を飲み
媚薬混じりの汗をユニコーンに嗅がせ理性を奪おうとする。
目論見どおりカレンに欲情したユニコーンは胸を露出させ乳首を責め始める。
口内で精液を吐き出させた彼女だったが、身体の疼きが抑えきれなくなり
処女の膣内には収まり切らない程の獣ペニスを挿入されると、
大量の精液を吐き出されながら絶頂するのだった。

※著者単行本『異種姦獄』、『コミックアンリアル Vol.51』に掲載されている作品です

作品情報/動作環境

作品番号
BJ069668
ファイル名/ファイル容量
BJ069668.zip / 8.82MB (9246477Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「スペルマ・ハンター【単話】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件