電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > 奪われて与えられたもの―陵辱のはてに― > 奪われて与えられたもの―陵辱のはてに―【単話】

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2016年02月20日
シリーズ名奪われて与えられたもの―陵辱のはてに―
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数20
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

魔法が使える貴族が平民を支配する魔法都市。
貧しい母子家庭で育った少女ミアは、苦学して薬剤師の資格を取り大貴族ハルスの館へ就職。
やっと母へ恩返しができると喜ぶミアだったが、ハルスの目的はミアを性的なペットにすることだった。
手首を縛られ卑猥な拘束具を着せられたミアは、マッサージとして怪しい魔薬を胸へ塗りこまれる。
豊胸薬の効果で徐々に大きくなる胸へ困惑しながら、下卑た貴族への嫌悪感を募らせる少女に、
薬によって嫌悪感で快感を得る身体になったと告げるハルス。
意に反して濡れてしまう女性器へ無理やりペニスをねじこまれ、処女を奪われ膣内射精されたミアは激しい嫌悪感を抱くも、
身体は激しく絶頂していってしまうのだった。
さらに調教用の魔蟲に尿道や尻穴を開発され、膨乳パイズリ&セルフ乳舐めでもアクメを迎えて体内からワームを放出する。
常軌を逸した肉体改造調教と悪趣味な快楽地獄は続く――。

※『コミックアンリアル Vol.57』に掲載されている作品です

作品情報/動作環境

作品番号
BJ069652
ファイル名/ファイル容量
BJ069652.zip / 10.75MB (11270021Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「奪われて与えられたもの―陵辱のはてに―【単話】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

”ねっとり”と進む、ストーリー。

2016年03月05日   投稿数 : 2位

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

清潔感あふれる、処女なカラダのヒロインを
責めに攻め、篭絡してゆく、ストーリー展開。
ポイント、ポイントを丁寧に攻めてゆくので
読み応えがあり。ねっとりとした感じで作品
が進んでゆくので、そのペース感が読み手に
合えば、十二分に楽しめる短編だと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]