({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2016年01月05日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数20
ジャンル
ファイル容量
8.17MB

作品内容

ロリコンのために開発された少女型の超精密アンドロイド、
つまりセクサロイドを通販で予約購入した主人公の彼は、
メーカーからの「発送済み」のメールをスマホで認めながら、
大願成就の思いで一人心を震わせていた。
たぶんモテないであろうロリコンの彼にとって、
今日という日は、まさに特別な日であったのだ。

そして、ピンポーンと部屋に響くドアホンの音。
勇んでアパートのドアを開けると、果たしてそこには、
サラサラ髪で、きめ細かい褐色肌で、ふあふあの唇で、
おまけに可愛くて、なにより小さい(ここ大事!)少女が立っていた。
彼は「おおおおお!!」と雄叫びを上げると、彼女を部屋に引き入れ、
さっそくとばかりにボディチェックを始めることに。
しかし少女の反応が少し変だ。
その小さい体の震わせかた、ときよりビクッと肩を上げ下げさせる仕草が、
なんというかリアルすぎるのだ。

しかし彼は、このアンドロイドの高性能ぶりに関心するだけで、
愛撫する手を休めることはせず、
そして今度は、その少女の着ている薄い袖なしのワンピに手をかけて、
後ろからグイと、彼女の細く窪んだ両鎖骨の辺りまでたくし上げるのだった。

「COMICエウロパ vol.4(BJ069574)」に掲載されている作品です。

注意事項

「COMICエウロパ vol.4(BJ069574)」に掲載されている作品です。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「アンドロイドでアソぼう」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件