電子書籍 > 文苑堂 > 湯けむりランナーズ

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2016年01月05日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数22
ジャンル

作品内容

冬休みに入り、陸上部は冬季合宿を敢行。
部員たちは、口からは白い息、そして上気した体からは白い湯気を漂わせ、
いつもと違うグラウンドを駆け抜ける。
主将の瀧先輩(実は変態)も気合い充分に指導の声を上げている。
そして、いつも以上に厳しい練習が終わった夜、
ここからは合宿ならではの楽しみが始まる。

まずは温泉・露天風呂、次に食事、
そして最後はやはり宿泊部屋でのお泊りトークで、
主人公の水樹を含む女子部員ならば尚のことであろう、
彼女たちはさっそく缶チュウハイやカクテルなど持ち出して、小さな宴会の卓を設けるのだった。
が、生来真面目な水樹は目の前の酒類にとまどいを見せ躊躇、
しかし他部員たちに勧められると速攻で酔いつぶれバタンキュー。

その後、ふと目を覚まして時計を見やる水樹。
まだ日付の変わらぬ時間帯ではあったが、部員たちはすでに就寝中である。
すると水樹は、冷やした下半身に尿意を感じ、部屋を出てトイレへ。
そして帰りがけ、まだ営業時間内にあった露天風呂に気づいた彼女は、
その場で女湯の出入り口を確認し、本日二回目の入浴と決め込むと、
団体客に関わらぬよう人気の無い岩場の陰へと脚を向ける。

しかし、それがいけなかった。
いたのだ、あの瀧先輩が。目の前に、いつものように。
陸上部の厳格な主将が、湯につかる若い女性たちの裸を、覗いていたのだ。

※この作品はリニューアル版『COMICエウロパvol.1』に集録「真夜中ランナーズ」、
また『COMICエウロパvol.3』に集録「雨の日ランナーズ」の関連作です。
ぜひご覧になっているサイトにて検索してみてください。
水樹と瀧先輩の因縁を知れば、今作はもっと楽しめます!

「COMICエウロパ vol.4(BJ069574)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ069579
ファイル名/ファイル容量
BJ069579.zip / 8.26MB (8664341Byte)
注意事項
「COMICエウロパ vol.4(BJ069574)」に掲載されている作品です。
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「湯けむりランナーズ」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件