電子書籍 > 文苑堂 > 彼女はハートの応援団

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
著者 羅ぶい
出版社名 文苑堂フォローする
レーベル COMICエウロパ
販売日 2016年01月05日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数16
ジャンル

作品内容

応援団に所属するチアガールの加藤さんは、
また部長に叱られたと踊り場の階段で意気消沈。
タイトなチア衣装のせいか、
剥き出し気味に覗く巨乳の谷間も今は下を向き、なんだか元気がないように見える。
するとそんな加藤さんに同調するように、
いつの間にか隣に座っていたバスケ部の伊吹くんも、合わせて「はぁ」と溜め息をつく。

どうやら加藤さんと似たような理由らしい。
いつも笑顔で優しい伊吹くんの悲しい姿にショックを受けた加藤さんは、
ここはチアガールの自分が元気をつけずにどうすると、
自らを鼓舞するかのように立ち上がり、「フレーフレー」の要領で、
肉付きが良すぎるせいかあまり得意でない脚上げを、ガバッと披露。
果たして、見事カカトを上にして脚上げに成功した加藤さんは、
会心の笑顔で「ゴー」と叫ぶが…成功したのがいけなかった。

加藤さんは、ノーパンだったのだ。
せっかくの「ゴー」も空しい限りである。
ドジっ娘の面目躍如…とも言ってられない彼女は、恥ずかしさのあまりに後ろを向くが、
落ち込んでいた伊吹くんの焦燥たる気持ちを和ませたのもまた事実で、
二人の距離は、急激に縮まるのであった?

「COMICエウロパ vol.4(BJ069574)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ069578
ファイル名/ファイル容量
BJ069578.zip / 8.08MB (8468179Byte)
注意事項
「COMICエウロパ vol.4(BJ069574)」に掲載されている作品です。
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「彼女はハートの応援団」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件