電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > 神使と俺【単話】

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2016年01月21日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数18
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

帰省した田舎の神社で神の使いと名乗る狐っ娘のミナに取り憑かれ、
都会に戻ってからも部屋に住み着かれてしまった大学生の悠太。
ある日、食糧の買い出し途中で片思いの先輩に出会うと、
一般人には見えない神の使いは豪快に先輩のスカートをめくる。
ラッキーハプニングにもうろたえるだけの奥手な青年に、
部屋に戻ったミナはごはんのお礼として先輩の姿に変身し舌を絡ませる。
偽物と知りつつも先輩の柔らかい唇に興奮して勃起した悠太は、
玉揉みをしながらの巧みなフェラチオで精液を搾り取られてしまう。
筆おろしをしてあげると
艶やかなお尻と女性器を見せつけながら青年を誘惑する獣耳の神の使いは――。

※『コミックアンリアル Vol.54』に掲載されている作品です

作品情報/動作環境

作品番号
BJ069557
ファイル名/ファイル容量
BJ069557.zip / 9.55MB (10017427Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「神使と俺【単話】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件