電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > 祈年祭【単話】

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2016年01月05日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数16
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

神巫女ぶっかけ輪姦祭り!

五穀豊穣を祈願する巫女桃華様の舞に見ほれる少年耕一。
神事への参加を許される年齢となった耕一は初めて本殿へ入ると、
神聖な巫女服を脱ぎかけた桃華が村の男達から愛撫されていた。
神の巫女である桃華を喜ばせれば
その年は大豊作になるという村の言い伝えに従い、耕一は桃華の下へと向かう。

ペニスを玉から亀頭まで丹念になめ回され、巫女の口内へ精子を吐き出す少年。
かつての父親と同様に初めてを神巫女へ捧げることになった耕一は、
桃華にリードされながら膣内へペニスを挿入、初々しくも必死に腰を振り子宮を突きあげる。
恍惚とした表情を浮かべ絶頂する桃華を待ちきれなくなった他の村人達が囲み、
美しい巫女は神々しくも淫らな全身を用いて射精へと導いていく――。

※著者単行本『さきゅらいふ』、『コミックアンリアル Vol.49』に掲載されている作品です

作品情報/動作環境

作品番号
BJ069554
ファイル名/ファイル容量
BJ069554.zip / 9.28MB (9733861Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「祈年祭【単話】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件