電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > 河童様の背中【単話】

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2016年01月19日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数18
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

山の麓の村に住む少年は、山奥のお社で可愛らしい河童の少女と出会って以来、
相撲を取ったり遊んだりと交流を深めてきた。
だが少年は、年月を重ねるごとに女性らしい肢体へ成長していく河童様に戸惑う。
久々にお社で再開し、早速相撲を取ろうと持ちかける河童様。
負けていてばかりいた少年だが、甲羅で隠されていた敏感な背中を撫でることで、
河童様を腰砕けにして押し倒してしまう。
好きになった者にだけ見せるという河童様の背中を、少年は舌で優しく愛撫。
互いの気持ちを確かめ合うと、河童様は少年の肉棒を
すべすべした手の平と水かきで包み込むようにしごき、口淫奉仕を始めるのだった……。
巨乳妖怪少女とのラブラブH!

※著者単行本『気になるあの娘はモンスター娘』、『コミックアンリアル Vol.49』に掲載されている作品です

作品情報/動作環境

作品番号
BJ069539
ファイル名/ファイル容量
BJ069539.zip / 8.62MB (9035483Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「河童様の背中【単話】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件