({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2016年02月02日
シリーズ名神曲のグリモワール―PANDRA saga 2nd story―(単話)
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数26
ジャンル
ファイル容量
14.15MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

オリュンポス魔法学園の図書委員長を務める有角の少女ユニコ。
彼女は、全てで七つあるという魔導書を探すため、
そして大切な人たちを守るために
『グリモアリーダー』となり『魔導書』を巡る事件へと巻き込まれていく――。

美夜を浄化し眠りへとついたユニコが目覚めたとき、彼女の体は未熟な身体になっていた。
侍女に「あなたはこの世界を統治するルシフェル様」と告げられ、
平穏な日常を繰り返すうちに自分の記憶に自信がなくなっていくユニコ。
そして、学園で過ごした記憶を侍女たちに否定されたユニコの前に
美夜、パティ、エヴァ、アダムが現れる。
だが、ユニコの大切な友人たちは怪物へと変貌し彼女へ陵辱の限りを尽くしていく。
絶望の波へと呑まれたユニコは
全身を触手に嬲られただ快楽を受け入れていくのだった……。

※『コミックアンリアル Vol.55』に掲載されている作品です

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「神曲のグリモワール―PANDRA saga 2nd story― 第十七節 それは『純真』という名の『傲慢』なのか【単話】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件