電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > 神曲のグリモワール―PANDRA saga 2nd story― > 神曲のグリモワール―PANDRA saga 2nd story― 第十五節 美夜・暴走【単話】

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2016年01月16日
シリーズ名神曲のグリモワール―PANDRA saga 2nd story―
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数24
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

オリュンポス魔法学園の図書委員長を務める有角の少女ユニコ。
彼女は、全てで七つあるという魔導書を探すため、
そして大切な人たちを守るために『グリモアリーダー』となり
『魔導書』を巡る事件へと巻き込まれていく――。

「憤怒」と「嫉妬」の感情に支配され褐色肌の人ならざる者――
『最凶のグリモアリーダー』へと変貌した美夜。
彼女は眠ったままのユニコを狙いかつての仲間たちまで手にかけてしまう。
そして、男子生徒たちを操り目覚めないままのユニコを
フェラや膣内射精でオナホのように扱わせ全身を白濁に染め上げていく。
ダンテの呼びかけに目覚めたユニコに対しても陵辱の手はゆるむことがなく……。

※『コミックアンリアル Vol.53』に掲載されている作品です

作品情報/動作環境

作品番号
BJ069523
ファイル名/ファイル容量
BJ069523.zip / 13MB (13630308Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「神曲のグリモワール―PANDRA saga 2nd story― 第十五節 美夜・暴走【単話】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件