電子書籍 > 一水社 > ~異端幻想~ダークレグナム

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

木谷椎が贈る「エロ・ヒロイックファンタジー」の決定版が一冊にまるごと収録!!
次々に襲いかかる禍々しい触手によって、快楽に堕ちていく可愛いヒロインたち。
ぬるぬる触手が巨乳を絞り上げ、とがった乳首を荒々しく吸い上げる!
太く蠢くモノに前後を貫かれ、わななき、打ち震える内腿!
骨の髄まで魔物どもにいたぶられるさまを、堪能ください! 全9タイトル収録。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ068982
ファイル名/ファイル容量
BJ068982.zip / 103.3MB (108316431Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「~異端幻想~ダークレグナム」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 3件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

燃え(2) 触手(2) ファンタジー(2) ふたなり(2)

ふたなりバトルヒロイン、陵辱の宴

2016年12月16日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×3人

連載時から注目を集めつつも、連載ペースの都合でなかなかコミックスが出なかった作品です。
内容はとにかく「素晴らしい」の一言。

作品の基本はファンタジー系のバトル漫画。闇の魔術によって、禁断の力とフタナリの体を手にいれたヒロインが、聖なる教団の背後に隠された陰謀を暴いていく、というストーリーです。

エロ漫画なので、ヒロインはしばしば敵の罠にはまったり、負けたりしてグチャグチャに陵辱されたりします。
強力な闇の力と気高い精神を持ったヒロインが、穴という穴を犯されながら屈辱アクメを決め、股間の肉棒からはしたなく欲望汁を垂れ流すさまは、「強いヒロインが破れて陵辱される」ジャンルが好きな人には、たまらないものだと思います。

作者の木谷椎さんは、『灼眼のシャナX Eternal song -遙かなる歌-』や『ソードアート・オンライン キャリバー』などの一般向け作品でも活躍されているだけあって、ネームの勢いやアクションシーンの躍動感も素晴らしく、非常に完成度の高い作品です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

完成度高い一品

2016年12月10日  

このレビューは参考になった×2人

エロ漫画家、木谷氏の代表作。
触手描写が多いがレズ、輪姦、調教など、メインサブ取り混ぜてうまくエロがストーリーに組み込まれている。

世界観もきっちり作られており、とってつけたような矛盾もない。
魅力的なヒロインたちのみならず、悪役側にもちゃんとキャラ付けがされているので、普通にストーリーを追っても楽しめる。
それでいながらエロはかなりハードで、実用性も十分。

フタナリがあるので嫌いな人はご注意。
とはいえ、全体としての完成度の高さで、十分お値段以上である。おすすめ。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!こんな作品を探していた

2016年08月11日  

このレビューは参考になった×2人

表紙絵に偽りなく、触手山盛りで全編エロエロ。実用性は十分に高い。特筆すべきは、物語がしっかり構成されており面白いこと。女主人公が悪堕ちする作品は多数あるが、大抵は悪の手先になって終わりである。本作のようにダークヒーロー(ヒロイン)として活躍する部分までを描き切った作品は少ないだろう。守るものがあり、覚悟があり、強く、エロい。主人公の魅力の高さは随一である。埋もれるには惜しい。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]