電子書籍 > 文苑堂 > 青の欲望

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
著者 終焉
出版社名 文苑堂フォローする
レーベル BAVEL COMICS
販売日 2015年12月31日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数203
ジャンル

作品内容

★「アナタだけの雌にシテ…」

抑えきれない肉欲…人妻、姉妹、女教師etc女の本能強制開花!!
コミックバベルで大好評だった「青の欲望」シリーズなど淫辱8タイトルを完全収録っ!
男に嬲られ る喜びを知った時 「女」はただの「雌」に堕ちる…
超過激弊社初コミックスついに発売ッ!

作品情報/動作環境

作品番号
BJ068978
ファイル名/ファイル容量
BJ068978.zip / 89.93MB (94300952Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「青の欲望」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 3件

おすすめ!キレイ

2016年08月16日   投稿数 : 4位

このレビューは参考になった×0人

相変わらずキレイな絵柄でとても好きな作家さんです。
今回の表紙の二人は同じ年(同級生?)かと思っていたら黒髪の方は主人公の母親でした。
めちゃくちゃ若くてキレイなお母さんですね。
しかし、そんなお母さんを持ってしまったが為に大変な事になっていきます。
オススメです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!無題

2016年07月23日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

肉の描き方が上手いですね。
胸もそうなんですが特に秘肉がいいと思います。柔らかくてプリプリしていてとても気持ちよさそうです。

基本的には短編です。
レイプもありますがあっという間に感じるのであまり酷いのは…という方でも安心。

表題にもなっている青の欲望は連作ですがストーリーもなかなか面白かったです。
友達の妹とセックスさせてもらう代わりに自分の母親を差し出す主人公。しかし…。
といったお話ですがほうほう、そうくるのか、と楽しませてもらいました。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!特に下乳の丸み・内腿の立体感が上手い

2016年01月05日   投稿数 : 7位

このレビューは参考になった×2人

11本入りの短編集です(作品内容には「8タイトル」とあるが、4本分が同タイトルの短編連作なので事実上は同じ意味。7タイトル+1タイトル×4=11短編)。
表紙やサンプルからも分かる通り同作者の描く人物画は頭身が高く、均整の取れたリアル調のボディラインで纏まっています。
特に女体のそれはモデル然としたメリハリが利きつつも、女性特有の弾力が見事の表現されていて、純粋に絵としての美しさが見ていて心地良いです。

単行本のタイトルにもなっている「青の欲望」シリーズを筆頭に近親でのHが多く、実母と息子・姉と弟・兄嫁と弟など主人公視点の少年が年上の美女に対して、いけないと思いながらも抑えきれない情欲をぶつけてしまう展開が端正な絵とも相まって臨場感たっぷりです。
加えて、近親に該当しない他の収録作も、教師と生徒など禁断性の強いカップリングを取り揃え、全編通して高濃度の背徳感が画面から押し寄せてきます。
つまり魔法やら触手やらのファンタジー要素を排し、身近な異性をターゲットに据えることで、ただでさえ写実的な女性像をより近く感じさせ、誰にでも容易に適応可能な妄想の下地を提供する良作です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]