電子書籍 > 文苑堂 > マンナカ

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

作品内容

★ツンデレ妹、真面目委員長、声フェチヘッドホン娘など清純美少女達は発情セックスに夢中!
実力派作家・綾乃れながポプリクラブで描いたハイテンションエロス作品を収録!
セックスの虜になった美少女達が満載の最新作品集です♪

作品情報/動作環境

作品番号
BJ068977
ファイル名/ファイル容量
BJ068977.zip / 90.53MB
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「マンナカ」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 3件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

ラブラブ/あまあま(3)

ロリ顔&グラビアボディ

2018年01月16日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

ポプリコミックスに2013~2015年掲載の作品集。ロリ顔とグラビア体型がフュージョンした作画が特徴です。

この作者さんは体型もロリ寄りと記憶していましたが、過去作のサンプルを見返すと当時からそこそこ頭身はありますね。今作では近年の作品ほど腰回りや胸など横周りが(良い意味で)サイズアップしており、エロスに貢献しています。

デフォルメを効かせたロリ顔+グラビア体型は、ヒキで見るとやや歪に感じますが、エッチシーンで体位やアングルが絡むと、一転して魅力的なエロ描写になります。意図した仕掛けか分かりませんが、上手くハマっていますね。

シチュエーションは和姦&同級生&妹モノです。ロリ系が1本ありますが、それ以外は豊満なおっぱいプレイです。尚、作品には人気アニメやネットミームのパロディが散見されます。仕込まれたネタに過剰反応する方は実用に障るかもしれません。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!最初は積極的でも・・・

2017年05月31日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

始めはヒロインのほうからアプローチをしていって主導権を握っているように見えますが、後半は逆転していたりラブラブになったりと何といいますか・・・まったりと?読むことが出来ました。
ヒロインは全体的に胸の大きい(規定外は除くw)娘ばかりで年齢的には若くてもむっちりしているといいますか柔らかさを見た目で感じることが出来るかと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

"綾乃れな”先生の「意気込み」が伝わってくる、作品集。

2016年01月21日   投稿数 : 2位

このレビューは参考になった×0人

”綾乃れな”先生の描き下ろしを含む、短編10本が
収められた作品集。
印象的な収録作は、父親の都合で引っ越すことに
なったヒロイン。遊びに訪れても”H”な事をして
こないクラスメートの男の子に、自らの”恋心”を
打ち明ける・・・・・・な「りおなメモライズ」。
普段、積極的なヒロインも、こと、恋の話となる
と上手くゆかない様子を丁寧に描いた短編。他の
短編も、描き下ろしを加えたり、”ヘッドホン”を
ストーリーの中に組み込んだりと、この作品集に
寄せる、並々ならぬ「意気込み」が伝わってくる
一冊。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]