電子書籍 > 一水社 > 女体美術館【単話】

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

帰国子女でお高くとまってる黒田さんは、怪しいバイトをやっているらしい。
それを突き止めようとする教師。
どうやら黒田さんはこの怪しげな美術館に、毎日通っているようだ。
しかしこの美術館では、生きた全裸の女が展示品として飾られ、
それを壊れない程度に体験しても良いということのようだ。
その中に、黒田さんを見つけてしまう。
服の上からでも巨乳なのは分かっていたが、まさかここまでエロい身体をしていたとは。
状況からして、彼女が望んでやっているのは間違いない。
ならばここで俺がするべきことは、その気持ちを満たしてやること。
普段見下している者のチ○ポはどうだ! 黒田も喜んでいる。また来ることにしよう。

※この作品はアンソロジー「不条理な女体拘束」に収録されている作品の単話配信です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ068711
ファイル名/ファイル容量
BJ068711.zip / 9.11MB (9553717Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「女体美術館【単話】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件