電子書籍 > 海王社 > えろまん娘 > えろまん娘6【後編】

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2015年12月19日
シリーズ名えろまん娘
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数27
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

鬼畜成年漫画家をかののアシスタント兼編集のひとみは失神中。(前編参照)
をかのにより秘部をあらわにされ、
精鋭エロ漫画家たちにひとみの肉体を愉しむようにさし出す。

「みなさん、やっちゃってくらさい」

「はっ はいったあああ!! ヌメヌメしてキモチイイ~~!!!」
「ああッ!! アグクウウッ!!!」

盛り上がるエロ漫画家たちにひとみは気を取り戻し、
不本意に快感をおぼえながらも、失望していた。
自分はエロ漫画を描くための参考資料、ただの道具であるということに――。

見知らぬ男根を受け止め、ナカで発射され、
二本刺しされ、結合部をプロジェクターに映し出され…
こんな非道い目にあわされながらも、
ずっとひとみの胸の奥にあった感情ををかのにぶつける―――!

鬼才・おかのはじめの描く鬼畜姉ショタ超絶エロス、完結!

「マガジンサイベリア Vol.082(BJ068496)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ068503
ファイル名/ファイル容量
BJ068503.zip / 14.53MB (15240364Byte)
注意事項
「マガジンサイベリア Vol.082(BJ068496)」に掲載されている作品です。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「えろまん娘6【後編】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件